Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2010-01-20

Ryan Richard Thoreson, "Queering Human Rights: The Yogyakarta Principles and the Norm That Dare Not Speak Its Name"

| Ryan Richard Thoreson, "Queering Human Rights: The Yogyakarta Principles and the Norm That Dare Not Speak Its Name" - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Ryan Richard Thoreson, "Queering Human Rights: The Yogyakarta Principles and the Norm That Dare Not Speak Its Name" - Ry0TAの日記

http://www.informaworld.com/smpp/content~content=a916820784&db=all

  

Journal of Human Rights, Volume 8, Issue 4, October 2009 , pp. 323-339.


Abstract

Over the past twenty years, regional and international efforts to secure formal protections for sexual minorities in the human rights framework have met with limited success. The prospects of these campaigns changed significantly in November 2006, when a group of activists, intellectuals, and policymakers met in Yogyakarta, Indonesia to draft a document that would outline the rights that sexual minorities enjoy as human persons under the protection of international law. Since then, activists and policymakers in local, national, and international forums have consistently invoked the Yogyakarta Principles as an authoritative document on the rights of sexual minorities worldwide, despite the fact that the document itself is not legally binding for any state or governing body. In this paper, I explore the entrenchment of sexual minorities as an at-risk group protected by human rights and the importance of the Yogyakarta Principles in advancing this “norm that dare not speak its name” on the global stage. I identify three reasons why the Principles have been quickly assimilated into policymaking: the modesty of their demands, the stability of their foundations, and the strategic, inventive ways that activists have framed and deployed them from multiple points of entry in the global system. In doing so, they have fostered a growing consensus that sexual minorities deserve protection, without necessarily creating or promoting the rights or formal protections that typically accompany such claims.

zvuqsdvblxzvuqsdvblx2013/08/10 12:20djtqmrvffsjohnf, <a href="http://www.wsoheuxbfp.com/">ohtukulcry</a> , [url=http://www.inihhztojw.com/]gzasnufqch[/url], http://www.gjrqiuajxn.com/ ohtukulcry

tdomdeoqtutdomdeoqtu2013/11/24 00:48gewtdrvffsjohnf, <a href="http://www.roouydewew.com/">kgfnqecdmt</a> , [url=http://www.qhnnqtjuwg.com/]dhlrqcyuyg[/url], http://www.grapvrawwn.com/ kgfnqecdmt

2009-10-25

2008年12月国連「性的指向と性自認に関する声明」に対するシリアの反対声明

| 2008年12月国連「性的指向と性自認に関する声明」に対するシリアの反対声明 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 2008年12月国連「性的指向と性自認に関する声明」に対するシリアの反対声明 - Ry0TAの日記

2008年12月18日、「性的指向性自認に関する声明」が国連に提起された。

  

http://gayjapannews.com/news2008/news145.htm

  

世界人権宣言60周年を機に、性的指向性自認を理由とした差別・暴力の撤廃、同性愛トランスジェンダーを処罰する法の世界的な廃止を呼びかける声明で、日本を含む66ヶ国が賛同署名した。

  

しかしこれに対して、シリアが反対声明を提出、57ヶ国が賛同した。

  

http://queeringme.g.hatena.ne.jp/Ry0TA/20091007/p1

この↑日記では、この声明文がウェブ上では見つからないと書いたけれど、Ishr (International Service for Human Rights)のサイトのアーカイヴにあった(当たり前といえば当たり前だ)。

  

だいたいの内容は↑の日記に引用した要旨の通りだが、またあとでちゃんと読みたい。

とりあえずURLを貼っておく。

  

http://www.ishr.ch/component/option,com_docman/Itemid,/task,doc_download/gid,797/+syria+statement+sexual+orientation+gender+identity+family&hl=ja&pid=bl&srcid=ADGEEShCt-OMusaKXxAGGRQkSgGWkDdlpSQJ08Qd-LPreir92z8UwoD1LUg03OEm1bePrTVcmaKA2tfMYo99VGDeRRBSX4rmHG4EDdLGFjd8eO47C5UlFY6Ry1_QihNBe5Y36bA6Ry38&sig=AFQjCNF4LbibK0KNg2YQ7Cyi80Q6Saf3iA

2009-10-07

第64回国連総会議長アリ・トレキ氏、「同性愛の非犯罪化」に反対する発言について

| 第64回国連総会議長アリ・トレキ氏、「同性愛の非犯罪化」に反対する発言について - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第64回国連総会議長アリ・トレキ氏、「同性愛の非犯罪化」に反対する発言について - Ry0TAの日記

9月15日から第64回国連総会が始まったが、今総会議長に就任したリビアのアリ・トレキ氏が、同月25日、国連で議論されているジェンダーセクシュアリティ人権の擁護に対し否定的な発言をしたことが、波紋を広げている。

みやきちさんの「みやきち日記」の記事で知った。

  

国連総会議長、同性愛を「容認できない」と発言ーみやきち日記

http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/20090926/p3

  

発言の場面、Youtube画像

http://www.youtube.com/watch?v=ZbN0VDpqQbA

  

10月2日、トレキ氏は記者会見で同じ質問に「前に答えた通り」と述べ、撤回しない意思表明をした。

国連事務総長潘基文氏は、トレキ氏の発言に対してノーコメントである。

At UN, Ban Stands By as Ali Treki Stands Behind Anti-Gay Comments, U.S. Yet to React - Inner City News

http://www.innercitypress.com/un1gay100209.html

  

Ali Treki - en.Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Ali_Treki

第64回国連総会議長 アリ・アブドゥサラム・トレキ氏—国際連合広報センター

http://unic.or.jp/unic/press_release/1285/

  

トレキ氏は1938年生まれ、リビアガリューニス大学で歴史学博士号、フランストゥールーズ大学で政治学博士号を取得。1976-1982年、1984-1986年に外相、1995-99年に駐仏大使をつとめたベテラン外交官だ。

国連では、3度リビアの常駐代表をつとめ(1982-1984年、1986-1990年、2003年)、1982−1984年には第4委員会委員長、1982年には第37回総会副議長に就任している。

  

このトレキ氏の今回の発言は、僕にとって大きなショックだったが、とりあえず、今回の発言の背景をおさらいする。

  

トレキ氏に対してどんな質問がされたのか、ネットのニュースでは間接的にしか伝わっていないのでいまいちはっきりしないのだが、彼が問われたのは、昨年12月の国連の声明に関する自身の立場についてだ。

  

世界人権宣言60周年にあたっていた2008年の第63回国連総会で、「性的指向性自認に関する宣言UN declaration on sexual orientation and gender identity」が提出され、日本を含む66ヶ国の賛同署名を得た。

性的指向性自認を各人の人権と認め、同性愛異性装を犯罪と見なすことや、性的指向性自認を理由とした不当な暴力・迫害の撤廃を各国に要請するものだ。フランスオランダの主導で作成され、アルゼンチンによって提出された。

  

UN declaration on sexual orientation and gender identity - en.Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/UN_declaration_on_sexual_orientation_and_gender_identity

声明全文翻訳と賛同国一覧は、ゲイジャパンニュースの次の記事参照:

国連総会に人権性的指向性自認に関する声明提出=日本含む66カ国が賛同 - ゲイジャパンニュース

http://gayjapannews.com/news2008/news145.htm

  

しかし、この声明には、反対も多かった。まずヴァチカンが反対した。また、イスラム国会議機構Organization of Islamic Conference主導による反対声明が、シリアによって提出され、57ヶ国の署名を集めた。

こちらの声明の原文は見あたらないのだが、だいたいの要旨がInternational Service for Human Rights国連総会レポートで紹介されている。

  

シリアの反対声明は、主にエジプトが周到に準備したことで、57ヶ国の支持を受けた。この声明は、「いわゆる『性的指向』『性自認』という概念」を疑問視し、これらの「不吉な」概念を国連に導入しようとする試みに「深刻な懸念」を示すものだった。賛同国は、これらの概念が「いかなる人権関連文書にも法的な基盤を持っていない」のみならず、これらの概念を承認することが、「小児性愛を含む多くの嘆かわしい行為を正常化し、おそらくは合法化することにつながり」かねないと主張した。さらに、そのような「新たな『権利』を・・・世界人権宣言や国際的条約を歪めることによって作り出す」試みは「・・・国際的な人権の枠組み全体を深刻な危機に陥れるだろう」。「他の人々の権利を犠牲にした人為的な差別を引き起こす恐れのある、特定の個人の権利を優先しようとする試みを慎しむ」ことが求められている。代わりに国家が求められているのは、「社会の自然かつ根本的な集団」としての家族を保護することである[と主張した]。前向きなことに、シリアの声明は、いかなる条件、いかなる状況において何人に向けられるものであっても「あらゆる種類のステレオタイプ化、排除、スティグマの付与、偏見、不寛容差別、暴力を強く批判する」ものであった。

Syria’s counter-statement, largely orchestrated by Egypt, was co-sponsored by 57 States.40 It questioned the ‘so-called notions of “sexual orientation” and “gender identity”’ and expressed ‘serious concern’ at the attempt to introduce these ‘ominous’ concepts into the United Nations. The co-sponsors asserted that not only did these concepts ‘have no legal foundations in any human rights instrument’, but recognition of them could usher in the ‘social normalisation, and possibly the legitimisation of many deplorable acts including paedophilia’. Further, such attempts to ‘create “new rights” …by misinterpreting the Universal Declaration and international treaties …[could] seriously jeopardise the entire international human rights framework’. States were urged to ‘refrain from attempting to give priority to the rights of certain individuals, which could result in positive discrimination at the expense of others’ rights.’ Instead, they were encouraged to devote special attention to protect the family as ‘the natural and fundamental group unit of society’. On a more positive note, Syria’s statement ‘strongly deplore[d] all forms of stereotyping, exclusion, stigmatisation, prejudice, intolerance, discrimination and violence’ directed at any person on any ground, anywhere.

  

New York Monitor: International Service for Human Rights, 24 December 2008, 8, accessed 4 February 2009

http://www.ishr.ch/index.php?option=com_docman&Itemid=&task=doc_download&gid=212.

  

Wikipediaによる解説。

An alternative statement, supported by 57 member nations, was read by the Syrian representative in the General Assembly. The statement, led by the Organization of the Islamic Conference, rejected the idea that sexual orientation is a matter of genetic coding and claimed that the declaration threatened to undermine the international framework of human rights,[3] adding that the statement "delves into matters which fall essentially within the domestic jurisdiction of states" and could lead to "the social normalization, and possibly the legitimization, of many deplorable acts including pedophilia."[4] The Organization failed in a related attempt to delete the phrase "sexual orientation" from a Swedish-backed formal resolution condemning summary executions.[3]

[edit]

  

この声明に賛同した国は、以下の通り。イスラム国会議機構の加盟国とだいたい一致するが、完全に一致するわけではない。

Afghanistan, Algeria, Bahrain, Bangladesh, Benin, Brunei Darussalam, Cameroon, Chad, Comoros, Côte d'Ivoire, Democratic People's Republic of Korea, Djibouti, Egypt, Eritrea, Ethiopia, Fiji, Gambia, Guinea, Indonesia, Iran, Iraq, Jordan, Kazakhstan, Kenya, Kuwait, Lebanon, Libyan Arab Jamahiriya, Malawi, Malaysia, Maldives, Mali, Mauritania, Morocco, Niger, Nigeria, Oman, Pakistan, Qatar, Rwanda, Saint Lucia, Saudi Arabia, Senegal, Sierra Leone, Solomon Islands, Somalia, Sudan, Swaziland, Syrian Arab Republic, Tajikistan, Togo, Tunisia, Turkmenistan, Uganda, United Arab Emirates, United Republic of Tanzania, Yemen, and Zimbabwe

  

  

これを考えると、リビアの代表であり、アフリカ連合アラブ連盟での活動のキャリアを持つトレキ氏が、この声明を「容認できない」というのは、まったく、少しも、不思議ではない。

  

だが、国連総会議長としての立場でそう発言したのは、多くの人を落胆させた(議長としては、形式だけでも中立的・調停的な立場を取って欲しかったと、僕は思う)。

  

そして、ネパール国会議員スニル・パント氏が怒りを込めて言ったように、トレキ氏は今は声なき人のことを考えて語るべきであり、彼の発言が政敵少数者への暴力や憎悪を正当化しかねないことを分かって欲しい。

Sunil Babu Pant Strongly Denounces Ali Abdussalam Treki, New President of the United Nations’ Unacceptable Views on Homosexuality - Gays Without Borders

http://gayswithoutborders.wordpress.com/2009/10/03/sunil-babu-pant-strongly-denounces-ali-abdussalam-treki-new-president-of-the-united-nations-unacceptable-views-on-homosexuality/

  

多様なジェンダーセクシュアリティを生きることを「普遍的」な人間の権利として、同性愛トランスジェンダーに対する不当な迫害・差別を撤廃しようとする動きと、ジェンダーセクシュアリティにかかわる異性愛中心主義的な規範を伝統・秩序として維持しようとする動きの、国連における攻防は、とにかく、長い。

  

辛いことだが、今はなお道の途上であり、この道が途切れさせないことが、大切なのだと思う。

LilyKittyLilyKitty2010/08/03 00:02全く残念な結果で、憤りを覚えました。「モントリオール宣言」にもあるように国連はこれまでLGBTの権利を否定、無視し続けて来ました。イスラム諸国を中心とした反発が国連を支配してきたからです。性的指向や性自認に関して「障害のある人の権利条約」のような正式な条約が未だにないこともこれを反映しています。しかし「移住労働者の権利条約」のようにEUをはじめすべての先進国が反発している正式な国際人権法に拠る「国際条約」も存在するのです。大変残念なことにヨーロッパ諸国に於いても「ジョグジャカルタ原則」と相いれない人権蹂躙が現存している地域が多いのです。実際1970年代まで同性愛を「犯罪」としてきた国もあるのです。人権裁判所も同性結婚を求める訴訟を全て却下しています。しかしながら欧州評議会は「ジョグジャカルタ原則」の実現に向けた法整備を行おうとしています。これが人権条約の一部(議定書)となれば加盟国は勿論、国連にも影響を与えることでしょう。2010年7月17日に国連経済社会理事会はやっと「国際レズビアン・ゲイ協会」を反対や棄権も相次いだなか、「付加勧告」にある「決議」に従い受け入れました。意外に思われるかもしれませんが、イスラムの聖典「クルアーン」には(新、旧約聖書と違い)同性愛を罪悪と規定した個所はありません。シャリーアも法学者の恣意によって解釈、運用されています。イランも「我が国に同性愛者はいない。」などという事実に異なった不自然な発言をしています。もはや「イスラム教」によって「同性愛」そのものを犯罪化することは不可能になりつつあると思います。たとえ異性間であっても婚約以前の性交を「姦通罪」として聖典に照らして裁くことが可能であっても。同性愛に反対している国は「性的指向、性自認に関する声明」に「無神論」を建前とする北朝鮮が反対したことからも窺えるように、性の問題以外に深刻な人権問題を抱えており政治的理由から反発しているわけです。むしろ真に恐ろしいのは例の「声明」に賛成しながら差別禁止法も持たない国であると思います。

2009-10-05

日本語版ウィキペディア・トランスジェンダー関連項目でジョグジャカルタ原則

| 日本語版ウィキペディア・トランスジェンダー関連項目でジョグジャカルタ原則 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本語版ウィキペディア・トランスジェンダー関連項目でジョグジャカルタ原則 - Ry0TAの日記

日本語インターネット上でジョグジャカルタ原則が話題に上ることは、決して多くないのだが。

  

遅ればせながら、日本語版ウィキペディアの項目「性自認」「性同一性障害」で、ジョグジャカルタ原則が取り上げられていることを知った。

履歴を確認すると、2009年9月1日からだ。

いずれもジョグジャカルタ原則がトランスジェンダーに保証している権利・尊厳をよく説明した解説になっている。

  

性自認

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E8%87%AA%E8%AA%8D

  

冒頭の概説の箇所で、ジョグジャカルタ原則が次のように言及されている。

  

概説

  

性自認が身体に苛まれる代表的な現象としては現在日本において一般に性同一性障害と呼ばれているものがある。これは、身体的には男女のいずれかに属するにも拘らず性自認が身体的性別とは食い違っている事例をいう。こうした身体と異なる性自認を持つ者の人権を保障するため、国際人権法の専門有識者が2006年11月6日から9日にかけてインドネシアジョグジャカルタの国際会議で議決した「ジョグジャカルタ原則(en:Yogyakarta Principles)」の第3項目においては「すべてのものはいかなる場所においても法の前で個人として承認される権利を有する。多彩な性的志向性自認を持つ人々は生活のすべての側面において法的受容を享受する。各個人の自己規定された性的志向性自認はその人の人格を完成させるものであり自己決定、尊厳、自由の最も基本的な側面である。いかなる者も性別適合手術不妊治療、或いはホルモン療法といった医療行為をその性自認の者として承認されるためとしては強制されない。婚姻している或いは親であるといったいかなる身分もその者の性自認の承認を妨げない。いかなる者も性的指向性自認を揉み消したり、抑圧したり否定したりするよう圧力をかけられない。」と明記され掲げられるに至った。さらにこのジョグジャカルタ原則においては、性的指向性自認による雇用の権利や社会保障の権利の制約や社会における全ての差別、暴行、拷問などの不当な扱いを禁止し、さらにそうした迫害を受けた際の亡命などの救済措置についても定められている。

この「ジョグジャカルタ原則」に先立って、2004年英国において身体とは異なる性自認を持つ者の人権を保障するため性別適合手術を受けていなくとも法的性別変更を認める「ジェンダー公認法(en:Gender Recognition Act)」が成立し施行された。

  

ここで引用されているジョグジャカルタ原則第3項目とは、「法の下での承認に関する権利」。

仮日本語訳

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20070924#1190613756

  

また、「ジョグジャカルタ原則においては、性的指向性自認による雇用の権利や社会保障の権利の制約や社会における全ての差別、暴行、拷問などの不当な扱いを禁止し、さらにそうした迫害を受けた際の亡命などの救済措置についても定められている」とあるが、これの典拠は以下の通り。

雇用については、原則12「労働の権利」

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20070928#1190937282

社会保障については、原則13「社会的安全とその他の社会的保障に関する権利」

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20070928#1190937281

差別・暴行・拷問などの不当な扱いの禁止については、原則5「個人の安全に関する権利」および原則10「拷問と残酷及び非人道的又は侮辱的取り扱い又は処罰からの自由に関する権利」

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20070925#1190727452

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20070927#1190898389

迫害を受けた際の亡命などの救済措置については、原則23「難民庇護を求める権利」

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20071001#1191240492

  

性同一性障害

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E5%90%8C%E4%B8%80%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3

  

こちらは3ヶ所でジョグジャカルタ原則が保証している権利に言及している。

  

医学的対処法

精神科領域の治療

  

性自認を身体に一致させる方向の精神療法(かつて米国で行われた異性装に際しての電気ショック療法に代表される)が正しく、また低コストであると考える人も未だにいる。しかしそれは全くの誤りであり、倫理学的理由から現在の精神療法は性自認の変更を目的としていない。

  (略)

性自認が人格のあり方を基礎づけていることを考慮すれば、変更が可能であったとしても、それはあくまで多数派の価値観の礎として個人の人生と感覚に干渉する人権蹂躙行為であり、当事者にとっては自己の否定に他ならない。この点で倫理的には許されない。2006年11月に国際人権法の専門有識者インドネシアジョグジャカルタ議決した「ジョグジャカルタ原則(en:Yogyakarta Principles)」においてもこれは明確に禁じられている。(性自認の項目を参照)

  

「当事者の社会的地位と改名」の節、身分証の性別について—

  

性別移行の当事者の性自認が揺るぎなくその人の正当な人格として認められる場合、その人は心の性別の一員として社会で取り扱われなくてはならない。しかし、今現在も性別適合手術を受け要件を満たさなくては、現在戸籍は勿論あらゆる身分証明を性別はそのままであり、そのことは当事者の名誉や社会参加権を毀損するばかりでなく、その人が社会の一員である以上、社会全体の損失にもなりうる。たとえ性別適合手術を受けていなくとも性別移行者という確か厳格な診断があれば、戸籍以外の身分証明書の性別は新しい性別が記されなくてならない。このことについて既にハリーベンジャミンがその主著「性別移行現象」(1966年刊行)の中で「ある性別適合手術を受けていないMtFの為、米国国務省に女性名と「女性」という性別標記のパスポートを発給するよう診断書とともに依頼し、結果それが受け入れられた。」(勿論出生登録上は「男性」のまま)と記している。国家の威信にかかわる文書である旅券にこのような人格権に配慮した柔軟な対応が既に1960年代からあった証といえる。こうした措置は英国でも国家レべルで実施され、2004年にはそれを強化し、性別適合手術を受けなくとも法的性別の変更を認める「ジェンダー公認法」(en:Gender Recognition Act)が成立した。2006年11月に議決された「ジョグジャカルタ原則(en:Yogyakarta Principles)」の第3項においてもこのことは正当な権利として明記されている。

  

これは原則3「法の下での承認に関する権利」の以下の箇所に相当する。

http://d.hatena.ne.jp/Ry0TA/20070924#1190613756

 

c)個人のジェンダー・性別を示すあらゆる公的な身分証明書類−出生証明・パスポート選挙記録その他の文書を含む−を、個人が内奥で自覚する性自認に対応させることができる手続きの保証に必要な、あらゆる司法上・行政上その他の対策を行う。

  

同節、婚姻している・子どもがある当事者の性別変更について—

ジョグジャカルタ原則」第3項中の「婚姻している或いは親であるといった社会的地位もその者の性自認の法的承認を妨げない」という規定に関連して、欧州評議会は2009年7月29日付けの文書「人権性自認」において、欧州評議会加盟国のうち同性結婚を正式に承認しているのはオランダベルギースペインノルウェースウェーデンの5カ国(2009年現在)のみであるため現に婚姻している性別移行者の当事者が法的性別変更のため離婚を強いられ、とりわけ子がいる場合家族崩壊によりその子への精神的苦痛が生じうることを憂慮している。しかし、2006年7月18日にオーストリア憲法裁判所において、2008年5月27日にドイツ連邦憲法裁判所においてそれぞれ現に婚姻しているMtFの女性への法的性別変更が承認されたことについて「これらの国々において同性結婚が正式に承認される道筋となる」と評価している。(外部リンクを参照)

  

「当事者に対する差別禁止法」の節—

性別移行の当事者が基本的人権を享受し社会の一員として生活して行く中で殊に雇用や職場における場合も含めた差別禁止法は重要である。この点に関して1996年4月30日の欧州司法裁判所判決は「トランスセクシャルの性別適合による解雇は「雇用、職業訓練、昇進及び労働条件に関して男女平等処遇の原則」を定めた欧州経済共同体指令207号に反する。」という判決が下された。これを受けてにオランダ北欧諸国を中心に差別禁止法が制定された。英国においても1999年、この判決を踏まえた差別禁止法が制定された。さらに2006年7月29日当時国際連合人権高等弁務官であったルイーズ・アルブールが中心的な役割を果たしたいわゆるLGBT人権問題を国際法的に明記した「モントリオール宣言en:Declaration of Montreal」においては当事者への差別禁止や社会保障に関連して、「性別適合手術への健康保険適応」や「同性結婚」の必要性も盛り込まれた。同年11月に議決された「ジョグジャカルタ原則en:Yogyakarta Principles」においては性自認による全ての差別禁止や迫害を受けた際の亡命の権利に加えて「性自認は個人の人格を完成させるものであり個人の自己決定、尊厳並びに自由の最も基本的側面」であり「性別適合手術などの医療行為をその者の性自認の法的承認のためとしては強制されない」とし、さらに「何者もその性自認を揉み消したり、抑圧したり、否定するよう圧力をかけられない」と明記された。

  

だが残念なのは、「ジョグジャカルタ原則」の項目がないこと。

  

アムネスティ・インターナショナル日本のサイトにも、2009年2月からLGBT人権に関するページが開設された。

STOP! LGBTへの人権侵害 - アムネスティ・インターナショナル日本

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2389

  

このサイトでは、アムネスティ・インターナショナルウェブサイトの「人権について学ぶ—性的指向性自認」のページが日本語訳されていて、ジョグジャカルタ原則のことが紹介されている。

Learn About Human Rights: SEXUAL ORIENTATION AND GENDER IDENTITY - Amnesty International

http://www.amnesty.org/en/sexual-orientation-and-gender-identity

  

国際法の適用

007年3月、「性的指向性自認の問題に対する国際法の適用に関するジョグジャカルタ原則」が公表されました。

これらの原則は、国連特別報告者、国内・地域および国際的人権委員会のメンバー、そして前国連人権高等弁務官を含む、人権専門家グループによって作成され、人権擁護の普遍的広がりを保証するために、国際人権法をレズビアンゲイバイセクシュアルトランスジェンダーの人びとが受けた人権侵害に適用しています。

  

性的指向性自認 - STOP! LGBTへの人権侵害 - アムネスティ・インターナショナル日本

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2391

  

(しかし、ジョグジャカルタ原則ウェブサイトへのリンクもないのはどうかな?と思ったりする。原文のページにないせいだけれど、ただ和訳するだけじゃなく、リンクを追加すればいいのに)

  

こうして、セクシュアリティにかかわる人権問題を扱うグローバル・スタンダードを作ろうとしている原則がある、という情報が、日本語でもキャッチできるようになってくる。

いいかげん、ウェブ上でジョグジャカルタ原則について知ることができる確かな日本語ソースが、必要じゃないだろうか。

LilykittyLilykitty2009/10/26 21:07日本語版ウィキぺティアの「ジョグジャカルタ原則」の項目を作成いたしました。持病など悪条件が重なり作成が大幅に遅れてしまい申し訳ありません。まだまだ不十分なので加筆していきたいです。これらの情報が少しでも当事者の皆様のお役に立ちますように祈ります。

LilykittyLilykitty2009/10/28 09:00ウィキぺティアの「ジョグジャカルタ原則」の項目の作成が大幅に遅れてしまったことを改めてお詫び申し上げます。前文や第16原則の「すでに教育制度で差別を被ってしまった当事者に対する救済措置を含む生涯教育を受ける権利」など重大な部分が欠如していたので加筆いたしました。それでもまだまだ不十分ではありますか、性提言の重大事項はしっかり押さえたつもりです。このジョグジャカルタ原則についてはすでに、有識者も含めた日本の人々に紹介、説明してまいりましたのに、まったくいまだに反響がありません。この原則は「世界人権宣言」や「国際人権規約」に並ぶ極めて重大かつ深刻に受け止めて遵守すべき国際人権法であるにもかかわらず、これはいったいどういうことでしょうか。性別適合手術の問題といい、法的性別変更の問題といい、この国はいったいいつから人の心の尊厳を踏みにじる悪魔のような人ばかりになってしまったのでしょうか。これには私自身にも責任があると思い、絶望に打ちひしがれる毎日です。

Ry0TARy0TA2009/10/29 01:38>Lilykittyさん
はじめまして、コメントありがとうございます。レスが遅くなって、失礼しました。
このエントリで紹介したウィキペディア項目「性同一性障害」「性自認」でジョグジャカルタ原則の紹介を加筆されたLilykittyさんからコメントをいただけるとは、光栄です。
そして、「ジョグジャカルタ原則」の項目、ほんとうにありがとうございます。
「性自認」「性同一性障害」でのジョグジャカルタ原則への言及にかなり感激(?)してしまい、この日記を書いたのですが、「ジョグジャカルタ原則の項目もあればいいのに」と無責任に他力本願なことを書いてしまったので、Lilykittyさんご本人からこのたびの項目作成をわざわざお知らせいただいて、ひたすら恐縮しております。
  
拝読しましたが、非常にわかりやすい、ジョグジャカルタ原則の役割を押さえた解説で、また感服した次第です。
  
これまではジョグジャカルタ原則についての情報ってほんとうに少なくて、ウェブ検索すると、ゲイジャパンニュースなどわずかな紹介を除けば、ジョグジャカルタ原則に反対しているNGOが発信している偏った情報の日本語訳がヒットしてしまうという状況だったので、ちゃんとした情報がウェブ上で読めるようになったのは、ほんとう有益だと思います。ありがとうございました。また、自分のメイン・ブログのほうでも、紹介させていただきたいと思います。
    
>このジョグジャカルタ原則についてはすでに、有識者も含めた日本の人々に紹介、説明してまいりましたのに、まったくいまだに反響がありません。
  
ほんとうに残念なことですよね。人権という議論がしにくく、どちらかというと温情主義的なやりかたが受け入れられやすい社会的傾向のせいかもしれませんが・・・。
Lilykittyさんも挙げておられる、昨年の国連の声明や、インドのソドミー法廃止判決など、ジョグジャカルタ原則の役割を抜きには語れない変化は世界で次第に出てきているのですから、日本もこれを無視できないんじゃないかなと思います。
僕も素人ですが、少しずつでも勉強していきたいです。
  
またLilykittyさんのご活躍を楽しみにしておりますが、お体にはお気をつけて、重々お労りください。

2009-07-17

Seksualiti Merdeka 2009@Malaysia(12-16 August)

| Seksualiti Merdeka 2009@Malaysia(12-16 August) - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Seksualiti Merdeka 2009@Malaysia(12-16 August) - Ry0TAの日記

Seksualiti Merdekaは、2008年にはじまった、マレーシア最初のLGBTフェスティバルだそうだ。

クアラルンプールのThe Annexe Galleryというアートスペースで開催される。

http://www.annexegallery.com/

  

8月4日に出ていたプログラム

http://tiltedworld.org/2009/08/04/seksualiti-merdeka-2009-—-programme/

  

Seksualiti Merdeka – The First LGBT-themed Festival In Malaysia - Tilted World: A Malaysian LGBT Community Project

http://tiltedworld.org/2008/08/18/seksualiti-merdeka/

  

第1回Seksualiti Merdeka(2008年8月29日-31日)のプログラム

http://www.annexegallery.com/index.php?view=details&id=11%3ASeksualiti+Merdeka&option=com_eventlist&Itemid=53

  

第1回Seksualiti Merdekaブログ

http://seksualitimerdeka.blogspot.com/

  

第2回目のSeksualiti Merdeka 09(8月12-16日)への参加呼びかけが先月末からネットに流れていたが、今年はジョグジャカルタ原則をテーマにした興味深いエキビションを企画していることを知る。

  

Seksualiti Merdeka 09: Call for Submission - ARTERI : Art + Culture | Malaysia + Southeast Asia

http://www.arterimalaysia.com/2009/06/29/seksualiti-merdeka-art-project-call-for-submission/


多様なセクシュアリティジェンダーの人びとは、マレーシアでさまざまなかたちの差別に直面しています。そうした差別の一部は、その性質がしばしば暴力的であることが立証されています。たとえば、MtFトランスセクシュアルのAyuは、2007年、マラッカのイスラーム宗務庁Melaka Islamic Religious Affairs Department (JAIM)の役人たちから、どれほど酷い攻撃を受けたことでしょうか(参考)。しかし、ほとんどの差別は、日々の直面する格闘のなかに隠されたままになっています。

People of diverse sexuality and gender orientation face different forms of discrimination in Malaysia. Some are documented due to its often violent nature. For example, how Ayu, a male-to-female transsexual, was seriously assaulted by officials from the Melaka Islamic Religious Affairs Department (JAIM) in 2007. But most remain hidden in the everyday struggles that are faced.


このプロジェクトが考えているのは、これら隠された物語を明るみに出すことです。そして、わたしたちの基本的人権が、わたしたちのセクシュアリティを理由に、どれほど冒されているか、寸描すること。わたしたちは複数のパートナーを持つシングルマザー、独身を選んだ男、男とセックスする男、女を愛する女、どういうわけか「受け入れられる」「ノーマル」と考えられるものから外れている多様な人たちと関係を持つ人間です。それが伴うコストとリスクをすべて負ってきました。

The idea of this project is to surface these hidden stories. And to give a snapshot of how our fundamental human rights are affected because of our sexuality. Whether we are a single mother with multiple partners, men who choose to be celibate, men who have sex with men, women who love women, individuals who enter into relationships with a diversity of people who are somehow outside of what is considered “acceptable” and “normal”, we have all taken on its accompanying costs and risks.


Seksualiti Merdekaは、性の多様性を肯定し、賞賛します。Seksualiti Merdekaは、この国で人が必ずしも狭苦しい箱に自分を押し込める必要はない、豊かで複雑な関係を互いに結んで生きるのだということを知っています。そして、セクシュアリティ人権の問題だということを。

Seksualiti Merdeka affirms and celebrates sexual diversity. It understands that people in this country do not necessarily fit into narrow boxes, but live rich and complex relationships with one another. And that sexuality is a matter of human rights.


The exhibition

Seksualiti Merdekaであなたも、あなたがその一部であるさまざまなコミュニティと一緒に協力し、セクシュアリティに関するあなたの権利を表現し、探求してみませんか。絵画でも、モザイクでも、グラフィティでも、プラスチックでも、音でも、言葉でも、何か独創的な素材の組み合わせでも、なんでもかまいません。

Seksualiti Merdeka invite you to collaborate with communities that you are part of, to create expressions and explorations of your rights in relation to sexuality. This can be in the form of paintings, mosaic work, graffiti, wrought plastic, sounds, words or a combination of any creative platform.


展示は、さまざまなコミュニティが、かれらがセクシュアリティを理由に侵害されている自分の基本的人権のひとつをどのように考えているかを表現した作品を集めたものになります。

The exhibition will be a collection of work by different communities on how they understand one of their fundamental human rights as being affected due to their sexuality.


The process

Use the Yogyakarta Principles as a starting point to frame the range of rights applicable in the area of sexuality and non-discrimination.


Select one of the 29 principles that your community will like to explore. Through conversation, sharing of experiences, knowledge and stories, create a collaborative work that explores and expresses how your community feels that its sexuality rights in relation to the principle is being affected.


Example:

Working with a community of young Muslim women, you decide that upon discussion that Principle 6: The Right To Privacy is one that most affect your community at the moment. You can create a 6 feet x 3 feet collage of images that tells a story of how the different aspect of your right to privacy when it comes to sexuality is being regulated. It could be a pastiche of eyes that watches the different spaces that your bodies inhabit. From the streets - veiled eyes - to the school - eyes of Ustaz and Ustazah - to your room - four pairs of eyes from the religious authority - to the mall - eyes that “other” - and so on.


How to participate

If you would like to participate in this exhibition, please fill in the following details and email it to:


seksualitimerdeka2009principles AT gejala DOT org


Or to the individuals coordinating this project:


  • Chris: ng.chris2 AT gmail DOT com
  • Kevin: kevinbaker AT mac DOT com

You can also email any of the representatives if you have any questions, or would like to discuss your ideas or plans.


Contact person for the collaborative work:

Telephone:

Email:

Selected Yogyakarta Principle:

What common aspect connects your community:

How many people will be involved in creating this work:

What is the creative medium or platform you have chosen:


Since Seksualiti Merdeka will be held from 12-16 August 2009 at the Annexe Gallery, the organisers would appreciate it if you can email us by 10 July 2009.


What are the Yogyakarta Principles?

The Yogyakarta Principles are are developed through an application of existing international human rights laws and documents, which means that they can be enforced by signatories of those documents. In other words, we can use them as an advocacy tool to demand for equal rights and protection for all people in Malaysia, regardless of sexual orientation or gender identity.


You can download a copy of the principles here: http://www.yogyakartaprinciples.org/principles_en.htm


What is meant by community?

Community means a group of people who share something in common. This can be in terms of identity such as age, gender orientation, language, sexuality, class, able-bodiedness, ethnicity etc., place of social or cultural life such as online forums, residential area, collectives etc., beliefs or anything else that binds you together.


Communities can be of differing sizes, and is not meant to be representative of everyone who shares the same commonality. Seksualiti Merdekaunderstand it more as the coming together of different people to work on something shared.

  

Seksualiti Merdekaのfacebook

http://www.facebook.com/group.php?gid=32768531059

Workshop "What does the Yogyakarta Principles Mean for LGBT Activists and their Work?"@World Outgames 2009

| Workshop "What does the Yogyakarta Principles Mean for LGBT Activists and their Work?"@World Outgames 2009 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Workshop "What does the Yogyakarta Principles Mean for LGBT Activists and their Work?"@World Outgames 2009 - Ry0TAの日記

World Outgamesは、LGBTコミュニティが開催する国際的なスポーツ・イベントの1つ。

http://en.wikipedia.org/wiki/World_Outgames


7月25日-8月2日、第2回World Outgamesがコペンハーゲンで開催される。

http://www.copenhagen2009.org/


スポーツイベントと同時に、LGBT人権問題に関する国際会議World Outgames 2nd International Conference on LGBT Human Rightsも開催されるのだが、

http://www.copenhagen2009.org/Conference/Conference_Program.aspx


その中で、ジョグジャカルタ原則に関するセッションが行われる。

インドネシアウガンダセルビアインドボリビアから、アクティヴィストが集まってプレゼンを行う。

  

ジョグジャカルタ原則、使えるの?という、ぶっちゃけに興味深いテーマ。

とくにアジアアフリカ活動家ジョグジャカルタ原則をどう思っているか。

レポートを待ちたい。


Workshop Block 3, 28 July 2009, 11:00 - 12:30

http://www.copenhagen2009.org/Conference/Workshop_Sessions/Block3.aspx#Content


What does the Yogyakarta Principles Mean for LGBT Activists and their Work?


2006年末、ジョグジャカルタ原則が発表された。以来、世界の各国政府がジョグジャカルタ原則を取り入れてきたが、この原則はLGBT活動家とその活動にとってはどのような意味を持つのか?活動家にとって有用なのか?それともまったく無用なのか?インドネシアではよい実践が行われているが、他の活動家たちは格闘している…。

ジョグジャカルタ原則を利用した、あるいは利用しない活動について発表が行われ、ジョグジャカルタ原則の意味について聴衆と議論する、対話方式によるワークショップである。


At the end of 2006, the Yogyakarta Principles were launched. Since then governments across the world have embraced them, but what do they mean for LGBT activists and their work? Are the Principles usable for activists? Or not at all? Good practices come from Indonesia, but other activists struggle

An interactive workshop with presentations about work with or without the Principles and discussions with the audience about the meaning of the Principles.

Moderator:

Teyo van der Schoot (Netherlands), Hivos

Presenters:

Sri Agustine (Indonesia), Ardhanary Institute

Frank Mugisha (Uganda), Sexual Minorities of Uganda

Maria Savic (Serbia), Labris

Aditya Bondyopadhyay (India), NFI

Ronald Barriga Cespedes (Bolivia), Diversencia

Theme: Human Rights and Politics


司会のTeyo van der Schoot氏は、オランダ人権組織Hivosのプログラム・マネージャー。

http://www.hivos.nl/dut/personal/profile/2429

http://www.hivos.nl/


インドネシアの発表者Sri Agustine氏は、ARDHANARY INSTITUTE: Women Lesbian, Bisexual & Transgender (LBT) Research, Publishes & Advocacy Centreのディレクター。

http://ardhanaryinstitute.blogspot.com/2007/10/profile-ardhanary-institute.html

ILGA第3回アジア大会で"Women LBT Visibility: Developing Capacity and Coalition Building Within and Among the LGBT, Human Rights, and Women’s Movements"という発表をした人だ(↓英語のスピーチが以下のページで聴ける)。

  

3rd International Lesbian Gay Association (ILGA) Conference (MP3s)“Equality in Diversity Now!” Chiang Mai, Thailand, 24-27 January 2008 - Isis International-Manila

http://www.isiswomen.org/index.php?option=com_content&task=view&id=861&Itemid=233


ウガンダのFrank Mugisha氏は、SMUG (Sexual Minorities Uganda)のco-chairperson。

http://www.sexualminoritiesuganda.org/

Frank Mugisha Stands For What's Right - Queerty

http://www.queerty.com/frank-mugisha-stands-for-whats-right-20080129/

http://www.isiswomen.org/index.php?option=com_content&task=view&id=861&Itemid=233

  

セルビアMaria Savic氏は、同国のLGBT組織Labrisから。

http://www.labris.org.rs/


インドのAditya Bondyopadhyay氏は、同国のMSM支援NGO・The Naz Foundation International(NFI) のメンバー。インドエイズ・アクティヴィズムで有名。

http://www.nfi.net/

http://www.ilglaw.org/directors.htm

http://www.worldaidscampaign.org/en/Aditya-Bondyopadhyay


ボリビアのRonald Barriga Cespedes氏は、同国のLGBT組織la Fundación Diversenciaのリーダー。

http://www.ahorabolivia.com/2009/03/18/diversencia-en-santa-cruz/