Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-04-29

次世代再生産とバイオテクノロジー(Judith Butler)

| 次世代再生産とバイオテクノロジー(Judith Butler) - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 次世代再生産とバイオテクノロジー(Judith Butler) - Ry0TAの日記

  

ジュディス・バトラーの2001年のインタビュー。

The desire for philosophy - Lola Press

  

主題は多岐に亘るのだけれど、バイオテクノロジーによる次世代再生産についてのやりとり。

  

社会改革の手段としてのバイオテクノロジーについてはどうですか?フェミニストは、バイオテクノロジーで人工的に子どもを作るという可能性に反対しています。しかし、バイオテクノロジーによって自分自身で子どもを持つこと、そうして男性・女性の二元的な思考、古い異性愛システムをいつまでも再生産しないようにすることを求めて戦うフェミニストはいないのでしょうか?

What about biotechnology as a means of social transformation? Feminists are against biotechnology and the possibility of producing children technologically. But shouldn't there be a feminists fight for biotechnology and having children on our own and so trying not to reproduce the binary thinking of male and female, the old heterosexual system on and on?

  

いいえ。私はそうは思いません。私は、あらゆる種類の社会工学と言われるものに反対しています。私たちはどんな種類の人間が作られるべきかということを選択すべきではありません。そして、異性愛を克服するという目的で、バイオテクノロジーを[利用する権利を]求めて戦うということは、あるべきでないと思います。私が考えるのはただ、こういうことです。異性愛者は、いつでも再生産の技術を利用しています。異性愛者のカップルが子どもを欲しいと望んだ場合、かれらは通常ひとつの、またはそれ以外の再生産技術にアクセスします。私が問いたいのはただ1つ、同性愛者のカップルや独身女性はそのような技術に同様にアクセスすることができるのかどうか、ということです。私にとっては、それは権利についての政治的な問題なんです。

No. Not for me. I am against what we call social engineering of all kinds. We shouldn't be selecting what kinds of human beings should be made. And I think we shouldn't fight for biotechnology in order to overcome heterosexuality. My point is only: the heterosexuals make use of reproductive technology all the time. When a heterosexual couple wants to have children they get usually access to reproductive technology in one way or another. The only question I have is whether gay couples or single women are not given the same access to that kind of technology. For me it is a question of politics of access.

  

ふつーのことを言っとるのだが。

科学技術による再生産をどう捉えるか、社会の中に組み込んでゆくかは、さまざまな考えかたがある。

僕はバトラーと違って、テクノロジーによる次世代再生産は、望む人はやればいい、と思う。

だが、それには、関わる人間、生まれる子ども、精子提供者や代理母をトラブルに巻き込まないきちんとした制度が必要だ。

代理母制が、経済格差を利用したグローバル・ビジネスになっていることは、すでに有名だ。

また、特権的にいつでも再生産技術にアクセスできるのは異性愛者だけだといっても、例えば不妊治療が女性に大きな負担を強いているということや、人工授精による代理母出産が、「家の子ども」を作るという圧力のもと、近親の女性をほぼ強制的に巻き込むケースもあるということを考えると、単に「特権」という問題ではない。

次世代再生産・家族形成の多様化が、どんな倫理と制度を作っていけるかという問題である。

  

バトラーが指摘するのは、現在、次世代再生産技術・制度へのアクセスが、異性愛カップル以外の人間、独身女性(または男性)や同性愛者カップル(カップルでなくても、シングルでもいいわけだが)に不可能である、またはハードルが高いという、基本的な不均衡だ。

(バトラー自身は養子縁組で子どもを持っているが、子どもを持とうとしたとき、養子斡旋機関に「レズビアンという養親のカテゴリーを持たない」と拒絶されたという。結局、司法判断を仰いで養子縁組をすることができたが、州によっては難しい、自分は好運だったとインタビューの中で語っている。)

  

ヘテロセクシズム(異性愛主義)、ヘテロノーマティヴィティ(異性愛規範性)についてのメモ

| ヘテロセクシズム(異性愛主義)、ヘテロノーマティヴィティ(異性愛規範性)についてのメモ - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ヘテロセクシズム(異性愛主義)、ヘテロノーマティヴィティ(異性愛規範性)についてのメモ - Ry0TAの日記

以下は目測的な覚え書き。あとから

  • 典拠を調べる。
  • 見落とし・偏向を補う。

  

ヘテロセクシズム(異性愛主義)とヘテロノーマティヴィティ(異性愛規範性)

  

encyclopedia of gay, lesbian, bisexual, transgender & queerの用語集から

Heterosexism

ヘテロセクシズムは、「セクシズム(性差別主義)」から展開したもので、異性愛を特権化して、他のセクシュアリティを傷つけ排斥するショービニズム(※極端なナショナリズムや性差別主義。ここでは異性愛の優越に固執する偏向を指すか)を非難して言う言葉である。

Heterosexism, an extension of "sexism," is a pejorative term designating the chauvinism that privileges heterosexuality to the detriment or exclusion of other sexualities.

  

heteronormativity

ヘテロノーマティヴィティは、異性愛と異性愛の規範が普遍的なものであり、少なくとも認めうる条件であるということを前提とする考え方。ヘテロセクシズムと密接にかかわっており、多くの方法で性的少数者に否定的に作用する。異性愛的な要請を満たせない人間を積極的に抑圧し、性的に異なる存在を不可視化する。

Heteronormativity is the assumption that heterosexuality and heterosexual norms are universal or at least the only acceptable conditions. Closely related to heterosexism, heteronormativity negatively affects glbtq people in a host of ways, from actively oppressing those who do not fulfill heterosexual expectations to rendering sexual dissidents invisible.

  

ヘテロセクシズムとヘテロノーマティヴィティは、基本的に同じ社会の権力構造を批判している。

  

ヘテロセクシズムが、異性愛を支配的・中心的セクシュアリティとし、他のセクシュアリティを劣等なものと抑圧する権力関係を強調しているのに対し、

  

ヘテロノーマティヴィティは、社会におけるジェンダー・セクシュアリティの「規範」が及ぼす影響力に着目し、「(規範的)異性愛=普遍」という規範を再生産し続けるために、そこから逸脱するジェンダー・セクシュアリティを周縁化する(または、「(規範的)異性愛=普遍・自然」のドグマを正当化するために、周縁的ジェンダー・セクシュアリティを有徴的存在として作り出す)システムを指摘する。

  

(↑ ※要典拠)

  

ヘテロセクシズム

  

  • ヘテロセクシズム(異性愛主義)は、当たり前だがヘテロセクシュアリティ(異性愛)・ヘテロセクシュアル(異性愛者)とは違う。ヘテロセクシストでないヘテロセクシュアルはいくらでもいる。が、現代社会では、誰もが(異性愛者も非異性愛者も)ヘテロセクシズムの構造の中に巻き込まれている。

  

  • ヘテロセクシズムが想定する「異性愛」とは、「男女が性的に欲求しあい(番になって再生産する)」「規範的異性愛」である。

  

  • 「規範的異性愛」は、「男/女」の性別二元的ジェンダー規範を前提にしている。現社会のジェンダー規範は性差別的であり、ヘテロセクシズムは必然的に女性差別と女性蔑視を伴う。

  

  • 竹村和子は、異性愛主義であるとともに性差別主義である社会の仕組みのことを、「(ヘテロ)セクシズム」と名づけている。ここでは、異性愛/同性愛の二項対立的なカテゴリが、男性/女性という二項対立的なカテゴリと関連づけられて、組織化されている。

  

  • つまり、ヘテロセクシズムにおいて、規範的異性愛(正しいセクシュアリティ)からの逸脱は、「正しいジェンダー」(ジェンダー規範、当然女性差別的であり、特権的地位に置かれる男性にもしばしば抑圧的)からの逸脱として捉えられる。ゲイが「女性的」(またはマッチョな「アニキ」という、いずれにせよ「平均的男性イメージ」から外れた姿)、レズビアンが「男性的」または「(男を受けいれられない)不完全な女」としてステレオタイプ化されるのは、そのためである。

  

(↑ ※要典拠)

  

ヘテロノーマティヴィティ

  

  • 1990年代、クィア理論の主要概念の1つとして生み出される。  
    • 「ヘテロセクシズム」に対する批判が、自ら「異性愛/同性愛」の二項対立に陥り、性別二元論に基づく二元的セクシュアリティを固定してしまったことを批判する。(たぶん。← ※要典拠)

  

  • ヘテロノーマティヴィティは、「異性愛/同性愛」という二元的な分類がなぜ生まれるのかという「規範」のシステムを問う。

  

  • ヘテロノーマティヴな社会は、「異性愛」を「普遍的」で「自然」なものと規範化するために、さまざまな科学的、倫理的言説を動員する。そのために、対置される「不自然」なものとして、「同性愛」やその他の「性的倒錯」が、「異性愛」の外部に作り出される。
    • 例えば、個々の人間のセクシュアリティは実際には多様であり、「異性に惹かれる」「同性に惹かれる」で分けられるものではない。が、ヘテロノーマティヴィティは、「(規範的)異性愛」に「正しさ・自然さ」を与えるために、「異性愛」と「それ以外」を切り分ける。「異性愛」が人間のセクシュアリティの標準と看做され、それ以外のセクシュアリティは不可視化→隠蔽→クローゼット化される。

  

  • ヘテロノーマティヴ社会が標準化する「異性愛規範」とは、「その社会で規範的とされる異性愛」である。その規範に適応できないものは、むろん「異性愛者」だろうと、周縁化され、疎外される。

  

  • 「異性愛規範」の前提にあるのは、もちろん性別二元論に基づく「ジェンダー規範」である。だから「異性愛規範」は、女性差別・女性嫌悪をはらむ。

  

  • バトラーは、人間のジェンダー、「自然(生物学的)」とされるセックスも、実際には規範によって作られるもの、ジェンダーの規範の果てしない引用・反復によってなりたつものと看做す。人間は、ジェンダーの諸規範を参照し、引用・反復し続けることで、はじめて「男」「女」というジェンダー的存在でありうる。ヘテロノーマティヴなジェンダー規範は、セックス/ジェンダー/セクシュアリティの一貫性を要請している。セックス/ジェンダーの不一致(トランスジェンダー)や、ジェンダー/セクシュアリティの不一致(非異性愛者)は、異性愛規範から脱落し周縁化される(そしてまた「同性愛」「トランスジェンダー」という規範的言説に回収される)。

  

  • 規範の果てしない反復によって維持されるヘテロノーマティヴ社会の構造は、単純な権力関係、優劣関係ではない。「自然」という言説で固められ、規範に適応すれば善しとされ「幸せ」と評価され、逸脱すれば何らかの社会的制裁を受けるか、不安や欠落感にさいなまれる。相互監視システムのようなものに近い。

  

(↑ ※大丈夫か?要典拠)

2009-04-11

変化を拒む論理

| 11:40 | 変化を拒む論理 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 変化を拒む論理 - Ry0TAの日記

  

みやきちさんが、アメリカの反同性婚運動組織が作ったLGBT嫌悪的なTVCMの暴論っぷりにつっこむエントリを書いておられた。

このCMを作製したNational Organization for Marriage(2007年設立)は、当人の主張によれば「結婚を守る」ためにSSM(same sex marriage)に反対する組織なのだが、人工授精によるレズビアン・ファミリー作りや、家族の多様性を教える教育にも反対しているようだ。

  

カリフォルニアで同性婚を禁じるプロポジション8批准のキャンペーンを張っていたProtect Marriageという組織も、たいがい電波としか言えないCMを作って流していたが、これを「電波」で片づけるわけにもいかない。こうした主張を「電波」だと思っていない人たちが、現にいるのだから。

  

きちんと調べているわけではないので、漠然とした印象としてしか語れないが、保守的な価値観に基づく「家族」のありようを自明のものとして、その保護・維持を目指そうという動きは、特定の宗教・伝統社会ごとのものではなく、グローバルな運動になっている。

World Congress of Families

  

たとえばこのWorld Congress of Familiesは、全体として見ると極端に保守的な活動や主張を行っているわけではない。だが、WCFが定義する自然な家族(natural family)は、「結婚による両親が揃った子どものいる『健全』な異性愛家族」の枠を出ていない。その枠が引き起こす問題、「健全な家族」の機能不全、その枠からこぼれ落ちる人びとが被る不利益や害の問題は、「家族」をかれらが「自明」としているあるべき枠に引き戻し続けることで解決されるのだろうか?そこにはむしろ、現実を見ない判断停止が生じるような気がする。

  

以前ブログのエントリにも書いたことがあるが、「家族」が「信仰」化している。世界が、社会が流動化するなかで、「家族」の紐帯を自然・所与・自明のものとして強烈に肯定し、家族を基盤とする社会システムの維持を肯定しようとする。そうした論理は、むろんいまある家族関係を積極的に評価したりサポートするという役割を果たしてもいるだろうが、おなじ論理が同性婚やクィア家族や性教育を排除しようとする動きやディスコースにつながり、「家族防衛法」「婚姻防衛法」といった法制化へつながっている。

  

そしてこのような動きに、日本も連動している。

WCF(世界家族会議)関連ニュースー家族の絆を守る会

  

ともあれ、National Organization for Marriageが、結婚に関する自分たちの主張を語る、そのディスコースを見てみよう。

興味深いのは、かれらが「同性愛は"異常"だ」とか「異性愛が"正常"なのだ」とか「だから同性婚は許せない」とは言っていない、ということだ。

サイト全部を読んだわけじゃないのだが(読む気にもなれないのだが)、あのヘンテコCMを作った組織が看板として掲げるこのディスコースに僕は、

「ああ、この手の主張は、こういうところまで来たか」

と、思わされた。

「こういうところまで」というのは、うまく言葉にできないのだけれど、「ここまで自分自身をむき出しにするところまで」という意味だ。

  

Marriage Talking Point - National Organization for Marriage

同性婚

その最も強情な問いに答える

大多数のアメリカ人は、同性婚に反対している。そのため、同性婚の支持者は、なんでもいいからテーマを変えようと試みている。差別、利益、同性愛、ゲイライツ、連邦主義、我らの神聖な憲法などと。我々の目的は単純だ。話をすみやかに結婚に戻せ、脇道に逸れるな。結婚が問題だ。我々が気にしているのは結婚だ。結婚は本当に重要だ。これはただの常識だ。

SAME-SEX MARRIAGE:

Answering the Toughest Questions

Strong majorities of Americans oppose gay marriage. Supporters of SSM therefore seek to change the subject to just about anything: discrimination, benefits, homosexuality, gay rights, federalism, our sacred constitution. Our goal is simple: Shift the conversation rapidly back to marriage. Don’t get sidetracked. Marriage is the issue. Marriage is what we care about. Marriage really matters. It’s just common sense.

  

ただひとつのもっとも効果的な一文  

I. THE MOST EFFECTIVE SINGLE SENTENCE:

  

広範に、繰り返し行われた投票は、次の言葉がただひとつのもっとも効果的なメッセージだということに同意している:

「ゲイとレズビアンは、自分が選んだように暮らす権利を持っているが、

我々すべての人間にとっての結婚の定義を変える権利は持っていない」

Extensive and repeated polling agrees that the single most effective message is:

"Gays and Lesbians have a right to live as they choose,

they don’t have the right to redefine marriage for all of us."

  

この一文によって、人びとは、寛容への支持を表明しながら、同時にゲイの結婚に反対することができる。ある人は、それを修正して、「人間は自分が選んだように暮らす権利を持っているが、我々すべての人間にとっての結婚の定義を帰る権利は持っていない」と言っている。

This allows people to express support for tolerance while opposing gay marriage. Some modify it to “People have a right to live as they choose, they don’t have the right to redefine marriage for all of us.”

  

是が非でも避けねばならない言葉は、「同性婚撲滅(Ban same-sex marriage)」だ。我々の土台(?)(base)この言葉を非常に好んでいる。だから同性婚支持者もこの言葉が好きだ。彼らは、この言葉のせいで、我々が約10%票を失うと分かっている。この言葉を使うのはよそう。我々は「結婚の再定義」に反対しているのだと、「結婚は夫婦の結合である」と言おう。決して「同性婚を撲滅する」と言ってはならない。

Language to avoid at all costs: "Ban same-sex marriage." Our base loves this wording. So do supporters of SSM. They know it causes us to lose about ten percentage points in polls. Don’t use it. Say we’re against “redefining marriage” or in favor or “marriage as the union of husband and wife” NEVER “banning same-sex marriage.”

  

つっこみどころはたくさんあるような気がする。

「我々皆」とは一体誰を指しているつもりなのか。「我々」「皆」のなかからは、はじめから性的少数者は排除されているのか。

しかし、見逃せないのは、このディスコースを強烈に支配しているある傾向だ。

「いまあるシステムが変えられる」ことへの反発と、その反発は当然認められる、正当なはずだという、どこに根拠があるのか(少なくとも僕には)分からない確信である。

  

 マイノリティがマイノリティであることを表明し,マジョリティに「受容」を求めているうちは許容される。しかし、双方が乗っている規範そのものを問い始めた途端、「良心的な」マジョリティは,自分の利害を照らし合わせ、その行為に「過激だ」とレッテルを貼る。様々な課題に、そのような図式があるような気がする。

  

堀江有里『「レズビアン」という生き方ーキリスト教の異性愛主義を問う』p. 131.

2009-04-06

「同性愛を治療する」活動組織

| 14:56 | 「同性愛を治療する」活動組織 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「同性愛を治療する」活動組織 - Ry0TAの日記

  

いわゆる「ex-gay」運動だが。

たまたま検索で、「それ」系の組織のサイトに行き当たってしまった。

そういえば、どこにどんな組織があるのか具体的に知らなかったので、クリップしてゆくことにする。

(といっても僕がチェックできるのは、英語圏のみだが…)

「同性愛を治療する」論拠は「宗教」だけでなく、「科学」、「人権」…多様かもしれない。

(※ex-gayサイトもex-gay movementに抗うサイトも少し検索するとザクザク出てくる)

  

Ex-Gay Watch

これはex-gayなほうじゃなくて、ex-gayをウォッチングするほうのサイト。

ex-gay movement関連のみならず、性的少数者差別・人権問題についてのニュースも豊富。

  

ex-gayな団体

Exodus International

 これは宗教系。

Exodus is a nonprofit, interdenominational Christian organization promoting the message of Freedom from homosexuality through the power of Jesus Christ.

Since 1976, Exodus has grown to include over 230 local ministries in the USA and Canada. We are also linked with other Exodus world regions outside of North America through the Exodus Global Alliance.

だそうだ。

    

NARTH: National Association for Research & Therapy of Homosexuality

NARTH upholds the rights of individuals with unwanted homosexual attraction to receive effective phychological care, and the right of professionals to offer that care.

だそうだ。

  

People Can Change: Men who overcame unwanted same-sex attractions supporting others who seek similar change

  

ex-gayのエクソダス

  

Beyond Ex-gay

ex-gay、「同性愛を矯正する」という経験から逃れたサバイバーのネットワーク

Beyond Ex-Gay is an online community and resource for those of us who have survived ex-gay experiences. So often healing comes through community and through sharing our stories and experiences with each other.