Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2010-01-29

ウェブ上で読める各都道府県の性教育指導資料

| ウェブ上で読める各都道府県の性教育指導資料 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ウェブ上で読める各都道府県の性教育指導資料 - Ry0TAの日記

注記

※以下は、都道府県が作成しウェブ上で公開している性教育に関する手引・ガイドラインのリンクを集めたもの。

※「ウェブ公開資料見当たらず」は、当該都道府県に資料がないことを意味しない。

・アバウトな検索(Googleで「~県 性教育」→都道府県公式サイトor教育委員会サイトでサイト内検索「性教育」)をしただけなので、取りこぼしがある可能性大。

都道府県が作成している紙媒体の資料の情報は、たまたまチェックできたものは掲載したが、不完全。

市町村単位で資料がある場合も?

・各都道府県性教育への取り組みに関する情報は、都道府県HPサイト内検索で。

  

地方自治体教育行政における性教育の基本ガイドラインになるのは、1999年(平成11年)に文部省が発表した『学校における性教育の考え方、進め方』であるらしい。

自治体によっては、この本を性教育指導資料に上げているところもある)

学校における性教育の考え方、進め方

学校における性教育の考え方、進め方

  

けれど、近年の性教育バッシングの結果、2010年度4月から施行される新学習指導要領では、性教育を制限する方向に向かう修正が加えられているという報道がある。

新しい学習指導要領文科省

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

  

「発展的に性教育」削除 文科省異常授業に待った 来年度に指導書刷新(2008.3.6)—産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/life/education/080306/edc0803060120000-n1.htm

  

10年続いてきた『学校における〜』のガイドラインがどれほど変更されたのか、具体的にどのように変えられたのか、詳しいことは僕には分からないのだが、以下にリンクした都道府県ガイドラインも、また変化するのかも知れない。

自治体での性教育「自粛」傾向は以前から各地で起こっているが、新要領の施行は都道府県の方針にどんな影響をおよぼすだろう。以下のリンクは、その点も込みで今後見ておくべきものかもしれない。

  

ともあれ、現時点でざっと確認したところ(取りこぼしがあるかもしれないが)、性教育指導資料をつくり、ウェブ上で公開している都道府県は:

  

北海道青森県岩手県福島県東京都神奈川県新潟県愛媛県高知県佐賀県

  

北海道地方

性教育指導資料「学校における性教育を進めるために」(2007)

http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kak/gakkouniokeru-seikyouiku

東北地方

教育委員会スポーツ健康課

「学校における性に関する教育の考え方、進め方 」(2007)

http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/education/sei_kangaekata.html

教育委員会スポーツ健康課

「生き生きいわての性教育」(2007)

http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?nd=1825&of=1&ik=3&pnp=86&pnp=1781&pnp=1825&cd=6234

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.miyagi.jp/kyouiku/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.akita.lg.jp/icity/browser?ActionCode=genlist&GenreID=1138697733525

ウェブ公開資料見当たらず

教育庁HPhttp://www.pref.yamagata.jp/10/101100.html

教育庁学校生活健康課

福島県性教育~性を学んでいのち生き生き~」(発行年不明)

http://www.seikatsu.fks.ed.jp/hokenanzen/inochiikiiki.pdf

関東地方

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/

※『性教育の手引(小・中・高・特殊教育諸学校編)』教育庁保健体育課(平成16)

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.tochigi.lg.jp/kyouiku/index0.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.gunma.jp/cts/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=4966

ウェブ公開資料見当たらず

埼玉県/教育・県民活動http://www.pref.saitama.lg.jp/education.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/

東京都教育委員会

性教育の手引(高等学校編及び盲・ろう・養護学校編)」(平成16-17=2004-5)

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr050310s.htm

神奈川県教育委員会

性教育指導の手引き(教師用)」(2009)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/hokentaiiku/anzen/aids1.html#4

中部地方

新潟県教育委員会

性教育の手引 改訂版」(平成19=2007)

http://www.nipec.nein.ed.jp/sc/kenkou/seikyouiku%201/seikyouikumain.htm

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.toyama.jp/cms_sec/30/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.ishikawa.jp/kyoiku/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.fukui.jp/manabi/education/cat2001/index.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.yamanashi.jp/kyouiku/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会HPhttp://www.pref.nagano.jp/kenkyoi/

保健厚生課「「性教育の手引」の改訂について」(平成14=2002)

http://www.pref.nagano.jp/kenkyoi/shingikai/gakkouhoken/14/sei.pdf

保健厚生課「エイズ教育・性教育の現状」(平成18=2006)

http://www.pref.nagano.jp/kikaku/danjo/ningen/siryou18-3-3-2.pdf

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s17765/top/

“人間と性”教育文化センター

http://www1.ocn.ne.jp/~ningento/index.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/index.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/

近畿地方

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.mie.jp/KYOIKU/HP/index.shtm

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.shiga.jp/edu/

スポーツ健康課学校体育健康担当「学校における性教育の指導に関する参考資料」(平成19=2007)

教育委員会各所所属発行年報・冊子・統計等一覧

http://www.pref.shiga.jp/edu/sogo/iinkai/ma00/sesaku/yuusyouhanpu/files/07sassiitiran.pdf

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://kyoto-be.convi.ne.jp/kyoto-be/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.osaka.jp/kyoikusomu/homepage/index.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.hyogo-c.ed.jp/~board-bo/

兵庫性教協http://www3.ocn.ne.jp/~seo/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-1691.htm

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/500100/index.html

和歌山性教協http://homepage2.nifty.com/wakayamaseikyokyo/

中国地方

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会体育保健課http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=81087

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.shimane.lg.jp/kyoikuiinkai/

ウェブ公開資料見当たらず

教育庁http://www.pref.okayama.jp/soshiki/kakubu.html?sec_sec1=16

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.hiroshima.lg.jp/kyouiku/hotline/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50100/y-edu/y-edu-top.html

四国地方

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.tokushima.jp/soshiki/iinkai/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.kagawa.jp/kenkyoui/

教育委員会保健スポーツ課「すべての教職員が取り組む性教育指導マニュアル-心と体の性教育のために-」(平成19=2007)

http://ehime-c.esnet.ed.jp/hosupo/SeiManual/index.html

教育委員会スポーツ健康教育課学校保健「いきいき心と体の性教育」(平成20=2008)

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/310501/hoken1.html

九州地方

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/kakubu.html?sec_sec1=2100000

佐賀の子どもの今と未来をつくる性教育育児・教育-佐賀県

http://www.pref.saga.lg.jp/web/_19435.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.nagasaki.jp/edu/

長崎県性教協http://n-seikyokyo.jp/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.higo.ed.jp/kyouikuiinkai/index.phtml

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://edu.oita-ed.jp/

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.miyazaki.lg.jp/soshiki/kyoiku/index.html

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www.pref.kagoshima.jp/kyoiku/

性教育鹿児島県総合教育センター(平成21=2009)

http://edu.pref.kagoshima.jp/infomation/others/kenkou/seikyoiku/top.html

沖縄地方

ウェブ公開資料見当たらず

教育委員会http://www-edu.pref.okinawa.jp/index.html

kankan2010/04/29 10:52はじめまして、検索からやって参りました。
名古屋市内の大学院で性教育について研究しているM2の院生です。

先日私が調べたところによると、
岐阜県教委では「学校における性に関する指導の手引き」という2冊組の手引書を作成し、
県内の公立学校や教育委員会の事務局に置いているそうです。
ただ、web上では閲覧できないので、現地に出向くしか方法はないそうですが…。
県教委に関して言えば、少なくとも愛知・三重ではガイドライン等は作成していないそうです。

余談ですが、愛知県に関しては、私学協会に熱心な先生がいらっしゃいますので、
県教委よりも精力的に活動されているのではないかと思います。

またお邪魔させて頂きます。

yvtpinvwnhyvtpinvwnh2014/05/07 08:32ipokjrvffsjohnf, <a href="http://www.lmmudmmput.com/">njiqmszlln</a> , [url=http://www.vnacanwsmc.com/]vbwpcajdvp[/url], http://www.pbceslgeek.com/ njiqmszlln

2010-01-26

カーボンカットダイエット中の王様の耳は

| カーボンカットダイエット中の王様の耳は - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - カーボンカットダイエット中の王様の耳は - Ry0TAの日記

スパゲティ・ミートソースはみじん切りの野菜と挽肉を炒めるときに小麦粉を少し入れると、とろみがつく。

続きを読む

2010-01-23

「えるらじ」視聴中

| 「えるらじ」視聴中 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「えるらじ」視聴中 - Ry0TAの日記

イチカワユウさんの、えるらじを拝聴ちう。

http://yuichikawa.blog28.fc2.com/blog-entry-1893.html

  

今日のテーマはイチカワさんが電脳乙女ブログのchizさんが刊行した雑誌『pe=po』についてだったんだけれど、

コヤマエミさんとマサキチトセさんが電話でアクセス

2人のお話を聞いています。

  

まず、コヤマエミさんが取り組んでいる最近の活動として、ウガンダの反同性愛法に対する抗議運動についてお話。

  

あす集会があり、出席されるとのことだが、コヤマエミさんが非常に憂慮されているのは経済制裁の呼びかけ。

同性愛死刑や重刑を科す動きは、パニックのようなもの、とコヤマエミさんは言う。

キリスト教にはたくさんの罪があるが、現実にはそれぞれの軽重で適当な罰が科されている。

(同性愛行為を罰するなら)

罰金¥30とか」

でも、実際にはいいわけだ。

(失礼、ここで大笑いしてしまった。フェラやマスターベーション罰金刑になるとして、僕は年間何千円払えばすむかな)

それに「死刑」や懲役刑を科すのは、パニックなのだ。

しかし、それに反対するために、経済制裁を取るのは、どうなのか。

経済制裁の影響がきわめて大きいことは証明されている。人を殺す。

もしウガンダへの経済制裁を実行すれば、反同性愛法が殺す以上に多くの人が殺されるだろう。

これまでも、ウガンダでは同性愛に対して懲役14年という重刑が定められていた。

大勢のウガンダ性的少数者活動家たちが、逮捕され、迫害を受けている。

これまで何もしてこなかったのに、同性愛死刑を科す反同性愛法に対してだけ

ウガンダ経済制裁を」

ということも、(反対すること自体はまったく正しいのだが)パニックのようなものだ、と。

  

コヤマエミさんは、「経済制裁をしよう」と盛り上がろうとするのは止めよう、と呼びかけるという。

反対することは正しいのだが、

戦略的になにをすれば、ウガンダゲイの人々が助かるのか、

それを考えること。

顔も出し名前も出して(つまり危険の中で)活動しているウガンダ同性愛団体を外から支援する、

実際にウガンダで活動している人たちを支える、

そのほうが大切だと。

実際に活動をしている人たちがいることもよく知らずに、

「立ち上がることのできないウガンダの人たちのために、私たちが立ち上がろう!」

というのはとても傲慢だ、

とても重い言葉だった。

  

マサキチトセさんは、最近関わり始めた活動として、ジェンダーが絡んだ雇用問題について。

雇用におけるジェンダー問題というと様々だが、マサキチトセさんが関わっている問題とは、就職活動で名前で勝手に性別を判断され、それを理由に選考から落とされた、というビックリしてしまう話。

でも、たしかに、書類に性別記載がなくても、名前から勝手に性別を判断してしまうことは、よくある。

逆に、名前から性別が分からないと、戸惑ってしまうことも。

それを人事でやってしまっては困るだろう、と思うが、その大きな前提として、「人をまず性別で分類してしまう」という刷り込まれてしまった社会習慣から、どうやって離れてゆくことができるのか、という問題でもあると感じた。

  

それから、コヤマエミさんが、大学の「女性学部」の名称改変について話をされる。

現在進行中であるらしい大学制度の問題で、僕には分かりにくい部分もあるのだが、

名称がどれほど学問のありかた、特に、学問のなかでの権力関係を決定してしまうのか、というお話だった。

「「ジェンダーセクシュアリティ」という言葉が分かるのは、中流階級だけ」

という言葉が、非常に印象に残ったり。

  

と、そのようなお話をしているうちに、時間切れで終了。

とてもエキサイティングで楽しかったです。また聴かせて貰いたいと思います。

ナルシストな鏡の国の同性愛者の王様の耳は

| ナルシストな鏡の国の同性愛者の王様の耳は - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ナルシストな鏡の国の同性愛者の王様の耳は - Ry0TAの日記

「あー、うん、たくましい男は好きですよー」

続きを読む

2010-01-21

ウェブ上で参照可能なHIV/AIDS関連日本語文献リスト(作成中)

| ウェブ上で参照可能なHIV/AIDS関連日本語文献リスト(作成中) - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ウェブ上で参照可能なHIV/AIDS関連日本語文献リスト(作成中) - Ry0TAの日記

文献検索・総合的リソース

エイズ(後天性免疫不全症候群)について調べる—リサーチナビ—国立国会図書館

http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400307.php

2009年5月10日更新

文献・情報検索方法のアドバイス

エイズに関する参考図書/エイズに関する雑誌記事・論文の探し方/エイズに関するインターネット情報源

  

エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

http://asajp.at.webry.info/

HIV/AIDSに関する文献を日本語に翻訳・発表するプロジェクト

  

HIV/AIDSに関するベストセラー—Amazon.co.jp

http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/745974/ref=pd_zg_hrsr_b_1_6_last

  

一般

arsvi.com

http://www.arsvi.com/d/hiv-b.htm

立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点ホームページ

医療/病・障害と社会

http://www.arsvi.com/d/ms.htm

HIV/AIDSのページより

http://www.arsvi.com/d/hiv.htm

1990年代から2007年まで。網羅的とは言えないが、日本でのHIV/AIDS関連の出版を年ごとに追うことができるのが便利。

  

HIV/AIDS関連の書籍の紹介—エイズワーカーズ福岡

http://awfukuoka.net/book/book1

エイズワーカーズ福岡http://www.awfukuoka.net/のサイトの書籍紹介のページ。

このところアップデートされていないようだが、HIVエイズを描いた文学作品も拾い、HIV表象に目を向けている点がユニーク。紹介・レビューが丁寧でありがたい。

  

薬害エイズ

薬害エイズ関連文献リストはウェブ上でも多数ある。以下はその一例。

  

薬害AIDS文献一覧-ネットワーク医療人権MERS

http://www.mers.jp/old/whats/contents/bunken02.htm

  

アフリカHIV/AIDS問題

エイズ孤児データベースエイズ孤児支援NGO・PLAS

http://www.plas-aids.org/herodb/herodb.cgi?table=ref

エイズ孤児問題に関する国内外の文献をアフリカHIV/AIDS、開発、医療、教育、NGOなどといったカテゴリに分けデータベース化したものを公開

  

医療

こちらは「日本語文献リスト」ではない。が、HIV/AIDS医療関係の文献が日本語環境でどんなふうに検索できるのか、参考まで。

  

HIV/AIDS関連文献—中四国エイズセンター

http://www.aids-chushi.or.jp/care/ronbun/index.html

HIV療法/AIDS指標疾患の治療/AIDS以外の重要な疾患/予防・疫学/検査/MSM/女性/施策/精神・心理/その他

の分類で、おもにHIV/AIDS医療に関わる専門性の高い論文ガイドライン・ガイドブックのPDF、紹介・翻訳などが日本語で閲覧可能。

  

HIV/AIDS文献情報— HIVライブラリーグラクソ・スミスクライン

http://glaxosmithkline.co.jp/medical/hiv_lib/journal.html

医学雑誌に掲載されたHIV関連論文のタイトルを毎月配信

2010-01-20

Ryan Richard Thoreson, "Queering Human Rights: The Yogyakarta Principles and the Norm That Dare Not Speak Its Name"

| Ryan Richard Thoreson, "Queering Human Rights: The Yogyakarta Principles and the Norm That Dare Not Speak Its Name" - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Ryan Richard Thoreson, "Queering Human Rights: The Yogyakarta Principles and the Norm That Dare Not Speak Its Name" - Ry0TAの日記

http://www.informaworld.com/smpp/content~content=a916820784&db=all

  

Journal of Human Rights, Volume 8, Issue 4, October 2009 , pp. 323-339.


Abstract

Over the past twenty years, regional and international efforts to secure formal protections for sexual minorities in the human rights framework have met with limited success. The prospects of these campaigns changed significantly in November 2006, when a group of activists, intellectuals, and policymakers met in Yogyakarta, Indonesia to draft a document that would outline the rights that sexual minorities enjoy as human persons under the protection of international law. Since then, activists and policymakers in local, national, and international forums have consistently invoked the Yogyakarta Principles as an authoritative document on the rights of sexual minorities worldwide, despite the fact that the document itself is not legally binding for any state or governing body. In this paper, I explore the entrenchment of sexual minorities as an at-risk group protected by human rights and the importance of the Yogyakarta Principles in advancing this “norm that dare not speak its name” on the global stage. I identify three reasons why the Principles have been quickly assimilated into policymaking: the modesty of their demands, the stability of their foundations, and the strategic, inventive ways that activists have framed and deployed them from multiple points of entry in the global system. In doing so, they have fostered a growing consensus that sexual minorities deserve protection, without necessarily creating or promoting the rights or formal protections that typically accompany such claims.

zvuqsdvblxzvuqsdvblx2013/08/10 12:20djtqmrvffsjohnf, <a href="http://www.wsoheuxbfp.com/">ohtukulcry</a> , [url=http://www.inihhztojw.com/]gzasnufqch[/url], http://www.gjrqiuajxn.com/ ohtukulcry

tdomdeoqtutdomdeoqtu2013/11/24 00:48gewtdrvffsjohnf, <a href="http://www.roouydewew.com/">kgfnqecdmt</a> , [url=http://www.qhnnqtjuwg.com/]dhlrqcyuyg[/url], http://www.grapvrawwn.com/ kgfnqecdmt