Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-12-31

寝正月

| 寝正月 - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 寝正月 - Ry0TAの日記

2010年の正月休みは、ありがたいことに何も用事がない。

1月1日は相方と一緒に出かけるが、2日、3日は自堕落に寝正月で過ごす。勉強でもすればよいのだけれど、間違いなく録り貯めていた/貯める映画やドラマの鑑賞に明け暮れる。

できれば感想を書けたらと思うが・・・。

  

ヘアスプレー

日本公式サイト

http://hairspray.gaga.ne.jp/

2002年のミュージカル版の映画化。

2007年の東京プライドに行ったときも話題になっていたのを記憶しているけれど、今まで観る機会が、いや気力がなかった。

どうかな?

出演者は結構豪華だ。クイーン・ラティファの美声が楽しみ。

  

五線譜のラブレター

日本公式サイト

http://movies.foxjapan.com/delovely/top.html

作曲家コール・ポーターと妻リンダ・リー・トーマスの伝記映画。

女性と生涯のパートナーシップを結んだゲイの物語。

「Anything Goes」を聴くのと、ジョン・バロウマンのセクシーな顔を拝むのと、

エルヴィス・コステロの特別出演を観るのが楽しみ。

  

ジェラルディン・ マクイーワン版ミス・マープルシリーズ

グラナダテレビ制作の2004年の新ミス・マープル

これまでNHKなどで何度か観ていたが、AXN Misteryが年末年始に4作を放送するので、録画。

http://mystery.co.jp/program/agatha_marple/index.html

書斎の死体」

「牧師館の殺人」

パディントン発4時50分」

「予告殺人」

ジョーン・ヒクソンのマープルが素晴らしすぎる旧シリーズに如何ともしがたく見劣りする点や、独自の脚色・翻案が多い点が賛否分かれるシリーズだが、ドラマ独自のアイディアはそれはそれで面白く観ることができる僕には、あまり気にならない。

とくに、「書斎の死体」「パディントン発4時50分」「予告殺人」の3作の翻案は、レズビアンゲイが登場するクィアな脚色が評判になった。

  

エンジェルス・イン・アメリカ

AXN Channelが第67回ゴールデン・グローブ賞授賞式特集に合わせて1月2,3日に全6話一挙放送する。

http://axn.co.jp/goldenglobe/index.php

言わずと知れた、名作。

1980年代のエイズ危機の時代を舞台に、AZTの開発と、エイズと共存する「至福千年紀」の到来を告げる叙事詩は、しかしもはや歴史的作品だろう。

僕たちは天使が告げた至福とはほど遠いミレニアムを生きている。