Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-10-07

クライヴ・バーカー「豚の血のブルース」はいつ映画化されるのかという話について

| クライヴ・バーカー「豚の血のブルース」はいつ映画化されるのかという話について - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - クライヴ・バーカー「豚の血のブルース」はいつ映画化されるのかという話について - Ry0TAの日記

クライヴ・バーカーの『血の本』シリーズの映画化が昨年から「Midnight Meat Train」、「Book of Blood」(血の本)、「Dread」(腐肉の晩餐ー恐怖の研究)と立て続けに実現してるわけだが、「Pig Blood Blues」(豚の血のブルース)の映画化はどうなった?!と、バーカー様のサイトに詣でてみた。

  

Films Still To Come...? - The Official Clive Barker Website

http://www.clivebarker.info/newfilmse.html#pigblood

  

PBBはインディペンデントのフィルムメーカーVincent Pereiraが低予算映画の脚本を準備していたそうだ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Vincent_Pereira

  

が、2004年3月、彼の脚本はバーカーの作品を映画化しているSeraphim Picturesに譲渡されて、「ヘルゾンビ」や「MMT」や「Book of Blood」のプロデューサー、アンソニー・ディブラシAnthony DiBlasiが脚本・監督を担当することになった次第。

  

ペレイラがPBBからの降板について自分で語っているインタビューがあるけれども、かなりの落胆ぶりがうかがわれる。

I worked for over a year and a half on an aborted attempt to adapt Clive Barker’s short story PIG BLOOD BLUES into a feature. When that fell apart, to be honest it put me into a pretty bad depression, and then my dad unexpectantly got sick and died only a few months later which made it worse. My personal life was thrown into a pretty big upheaval during that time. PIG BLOOD BLUES is now going ahead without me, albeit with some of my ideas in the final script for which I’ll be paid.

  

Graves Review : Vincent Pereira – News Askew

http://www.newsaskew.com/?p=123

  

たぶん、脚本から外れたあとなのだろうけれど、ペレイラはこんなことも言っていて、彼のPBBは観たかったなあと思わせる。

"I was going to make a 'serious' gay-themed horror film based on Clive Barker's Pig Blood Blues as my next project, but alas it doesn't look like it's gonna happen.

"The upshot is I'm going to take all the material I created on my own for my PBB script (and I did create a ton of original material to flesh it out) and construct an entirely new story around it, so all is not lost."

  

http://www.clivebarker.info/newfilms.html

    

ディブラシのPBBのイメージは、こんな感じらしい。

Set in a juvenile detention center, 'Blues' unravels a supernatural mystery involving, well, a possessed pig. But it's a helluva lot more detailed and disturbing than that. "To me, 'Blues' is a twisted take on a classic ghost story," DiBlasi proudly admits of the Barker tale he's devoting all of his creative energy to. "I love stories about outsiders and those kids at this juvenile detention center were certainly outsiders. It has this amazing 'Lord of the Flies' element with all these boys trapped together and this evil entity is stuck in there with them. Where the short story just touches on the supernatural element, I focused a lot on making it a ghost story. But keeping the pig, of course."

  

(2007年5月1日の記事)

Books of Blood Movie Updates – Shock Till You Drop.com

http://www.shocktillyoudrop.com/news/topnews.php?id=170

  

で、バーカーのインタビューでももうすぐ、もうすぐと言っていて、2008年に作製が始まるはずだったわけだが、結局、ディブラシは「Dread」を先に撮って、PBBは先送り。

Dread - the official Horrorfest website

http://www.horrorfestonline.com/?p=561

  

で、じゃあ次はPBBかと思ったら、「マドンナ」が先に撮られる、という話が出ていた。

マドンナ (集英社文庫―血の本)

マドンナ (集英社文庫―血の本)

On the set of their latest effort, Dread, producer Jorge Saralegui tells ShockTillYouDrop.com that he has penned an adaptation of the "Books of Blood" story The Madonna which will roll before Pig Blood Blues next year. "We were looking for something to do between Dread and Pig Blood Blues. Our other projects that we have in development were not quite ready."

  

(2007年5月1日の記事)

Producers Talk Barker's Madonna Adaptation – Shock Till You Drop.com

http://www.shocktillyoudrop.com/news/topnews.php?id=8147

  

マドンナ」はトランスセクシュアリズム、というより、自分のなかの女性性に対する男の恐怖の物語だ。PBBのホモエロティシズムに行くまでの「何か」かもしれない、というのは納得できる。

プロデューサー、ジョーク・サラレギーの言葉。

"the story is the male fear of their own female side. That's fun to do and in this film we've got a gangster who's all guy and starts to turn into a woman. He can't accept his own feminine side coming out. Whereas the other guy ends up going with it."

  

しかし、「マドンナ」の作製が動いているっていうニュースもその後見あたらず、結局、順番はPBBが4番め、「マドンナ」がその次、ってことでいいらしい。

New Clive Barker Happenings: Latest Book of Blood Announced! - Bloody Disgusting.com

http://www.bloody-disgusting.com/news/12070

  

いっぽう、監督のディブラシは、今度は『ダムネーション・ゲーム』の脚本を書いているというニュースも出ていたりする。

Anthony DiBlasi is currently in Montreal where he's about to unveil his Clive Barker adaptation Dread (set visit preview) to Fantasia Film Festival audiences. Up next for him is a take on another Barker property "Pig Blood Blues," but what hasn't been revealed until now is that he's also adapting Barker's "The Damnation Game" for Phoenix Pictures.

  

http://www.shocktillyoudrop.com/news/topnews.php?id=11074

  

DiBlasi is writing the movie for Phoenix Pictures; no word on whether he’ll direct, and in any case he’s currently gearing up to helm yet another Barker feature, PIG BLOOD BLUES, late this fall in the UK.

  

http://fangoria.com/home/news/9-film-news/3219-dreads-anthony-diblasi-faces-screen-damnation.html

  

PBBは今年の秋に英国で撮影開始する予定で準備を進めているってことで、IMDbでも2010年公開予定ってことになってるし、今年ってのは間違いないんだろうけど。

でも秋(って、今だ)に撮影をはじめるなら、もうキャスティングが発表されていてもいいんじゃないのか。

どうなるんだろう。ちょっと不安。

  

ところで、バーカーの映画製作ページを見てたら、ビル・コンドンが(!)『血の本』からPBB、「腐肉の晩餐」「魂の抜け殻」でゲイ・フィルム・アンソロジーを作るという未完のプロジェクトがあったことを知った。

  

...A feature film based around three stories in The Books of Blood - Dread, Human Remains and Pig Blood Blues. Bill Condon was attached to direct a wrap-around segment (The Book Of Blood and On Jerusalem Street) while three first-time gay directors had been given the reins to adapt and direct the three tales: Keith Clark worked on Dread, Jack Morrissey on Pig Blood Blues and Christopher Landon on Human Remains, taking over from Adam Cook who had worked on an early draft. The project was pitched as a gay art-house, horror movie, never intended to appear in your local multiplex.

Christopher Landon has been heard muttering darkly about Clive's drift away from being associated with outright horror and the project itself has fallen by the wayside - the final result being the loss of what had the makings of a truly hard-edged adaptation...

  

http://www.clivebarker.info/newfilms.html

  

これ、Gods and Monsters (1998)を撮ったあとのビル・コンドンのインタビュー(1999年6月)でも言及されている。

I have been working with Clive Barker recently on the Books Of Blood・ We’ll do a completely unrated, gay arthouse horror anthology without limits. We are trying to get something really disturbing. It could be great and I hope it works.・Considering that Barker’s publication of the same name is very dark and gory, and that most of his film translations had been watered down considerably by Hollywood studios, it is surely a project that will have horror fans salivating in anticipation.

  

Bill Condon: Bringing a Horror Icon Back to Golden Life … - DVD Review

http://www.dvdreview.com/html/dvd_review_-_bill_condon.shtml

  

レイティングぶっちぎり無制限の芸術的ゲイ・ホラーなんてヨダレが止まらず、この企画がお流れになったことに涙が止まらない。

  

追記

10月1-12日にバルセロナで開催されたSitges Film Festivalhttp://sitgesfilmfestival.com/eng(「Dread」と「Book of Blood」を上映したらしい)での、バーカー先生のインタビュー。

http://www.cinemaisdope.com/clive-barker-exclusive-interview-part-one-at-42-sitges-film-festival/

  

次に撮られる映画としてPBBと「セルロイドの息子」が上がっているけど、いつできるのかはやっぱり分からないのね(笑)。

第64回国連総会議長アリ・トレキ氏、「同性愛の非犯罪化」に反対する発言について

| 第64回国連総会議長アリ・トレキ氏、「同性愛の非犯罪化」に反対する発言について - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第64回国連総会議長アリ・トレキ氏、「同性愛の非犯罪化」に反対する発言について - Ry0TAの日記

9月15日から第64回国連総会が始まったが、今総会議長に就任したリビアのアリ・トレキ氏が、同月25日、国連で議論されているジェンダーセクシュアリティ人権の擁護に対し否定的な発言をしたことが、波紋を広げている。

みやきちさんの「みやきち日記」の記事で知った。

  

国連総会議長、同性愛を「容認できない」と発言ーみやきち日記

http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/20090926/p3

  

発言の場面、Youtube画像

http://www.youtube.com/watch?v=ZbN0VDpqQbA

  

10月2日、トレキ氏は記者会見で同じ質問に「前に答えた通り」と述べ、撤回しない意思表明をした。

国連事務総長潘基文氏は、トレキ氏の発言に対してノーコメントである。

At UN, Ban Stands By as Ali Treki Stands Behind Anti-Gay Comments, U.S. Yet to React - Inner City News

http://www.innercitypress.com/un1gay100209.html

  

Ali Treki - en.Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/Ali_Treki

第64回国連総会議長 アリ・アブドゥサラム・トレキ氏—国際連合広報センター

http://unic.or.jp/unic/press_release/1285/

  

トレキ氏は1938年生まれ、リビアガリューニス大学で歴史学博士号、フランストゥールーズ大学で政治学博士号を取得。1976-1982年、1984-1986年に外相、1995-99年に駐仏大使をつとめたベテラン外交官だ。

国連では、3度リビアの常駐代表をつとめ(1982-1984年、1986-1990年、2003年)、1982−1984年には第4委員会委員長、1982年には第37回総会副議長に就任している。

  

このトレキ氏の今回の発言は、僕にとって大きなショックだったが、とりあえず、今回の発言の背景をおさらいする。

  

トレキ氏に対してどんな質問がされたのか、ネットのニュースでは間接的にしか伝わっていないのでいまいちはっきりしないのだが、彼が問われたのは、昨年12月の国連の声明に関する自身の立場についてだ。

  

世界人権宣言60周年にあたっていた2008年の第63回国連総会で、「性的指向性自認に関する宣言UN declaration on sexual orientation and gender identity」が提出され、日本を含む66ヶ国の賛同署名を得た。

性的指向性自認を各人の人権と認め、同性愛異性装を犯罪と見なすことや、性的指向性自認を理由とした不当な暴力・迫害の撤廃を各国に要請するものだ。フランスオランダの主導で作成され、アルゼンチンによって提出された。

  

UN declaration on sexual orientation and gender identity - en.Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/UN_declaration_on_sexual_orientation_and_gender_identity

声明全文翻訳と賛同国一覧は、ゲイジャパンニュースの次の記事参照:

国連総会に人権性的指向性自認に関する声明提出=日本含む66カ国が賛同 - ゲイジャパンニュース

http://gayjapannews.com/news2008/news145.htm

  

しかし、この声明には、反対も多かった。まずヴァチカンが反対した。また、イスラム国会議機構Organization of Islamic Conference主導による反対声明が、シリアによって提出され、57ヶ国の署名を集めた。

こちらの声明の原文は見あたらないのだが、だいたいの要旨がInternational Service for Human Rights国連総会レポートで紹介されている。

  

シリアの反対声明は、主にエジプトが周到に準備したことで、57ヶ国の支持を受けた。この声明は、「いわゆる『性的指向』『性自認』という概念」を疑問視し、これらの「不吉な」概念を国連に導入しようとする試みに「深刻な懸念」を示すものだった。賛同国は、これらの概念が「いかなる人権関連文書にも法的な基盤を持っていない」のみならず、これらの概念を承認することが、「小児性愛を含む多くの嘆かわしい行為を正常化し、おそらくは合法化することにつながり」かねないと主張した。さらに、そのような「新たな『権利』を・・・世界人権宣言や国際的条約を歪めることによって作り出す」試みは「・・・国際的な人権の枠組み全体を深刻な危機に陥れるだろう」。「他の人々の権利を犠牲にした人為的な差別を引き起こす恐れのある、特定の個人の権利を優先しようとする試みを慎しむ」ことが求められている。代わりに国家が求められているのは、「社会の自然かつ根本的な集団」としての家族を保護することである[と主張した]。前向きなことに、シリアの声明は、いかなる条件、いかなる状況において何人に向けられるものであっても「あらゆる種類のステレオタイプ化、排除、スティグマの付与、偏見、不寛容差別、暴力を強く批判する」ものであった。

Syria’s counter-statement, largely orchestrated by Egypt, was co-sponsored by 57 States.40 It questioned the ‘so-called notions of “sexual orientation” and “gender identity”’ and expressed ‘serious concern’ at the attempt to introduce these ‘ominous’ concepts into the United Nations. The co-sponsors asserted that not only did these concepts ‘have no legal foundations in any human rights instrument’, but recognition of them could usher in the ‘social normalisation, and possibly the legitimisation of many deplorable acts including paedophilia’. Further, such attempts to ‘create “new rights” …by misinterpreting the Universal Declaration and international treaties …[could] seriously jeopardise the entire international human rights framework’. States were urged to ‘refrain from attempting to give priority to the rights of certain individuals, which could result in positive discrimination at the expense of others’ rights.’ Instead, they were encouraged to devote special attention to protect the family as ‘the natural and fundamental group unit of society’. On a more positive note, Syria’s statement ‘strongly deplore[d] all forms of stereotyping, exclusion, stigmatisation, prejudice, intolerance, discrimination and violence’ directed at any person on any ground, anywhere.

  

New York Monitor: International Service for Human Rights, 24 December 2008, 8, accessed 4 February 2009

http://www.ishr.ch/index.php?option=com_docman&Itemid=&task=doc_download&gid=212.

  

Wikipediaによる解説。

An alternative statement, supported by 57 member nations, was read by the Syrian representative in the General Assembly. The statement, led by the Organization of the Islamic Conference, rejected the idea that sexual orientation is a matter of genetic coding and claimed that the declaration threatened to undermine the international framework of human rights,[3] adding that the statement "delves into matters which fall essentially within the domestic jurisdiction of states" and could lead to "the social normalization, and possibly the legitimization, of many deplorable acts including pedophilia."[4] The Organization failed in a related attempt to delete the phrase "sexual orientation" from a Swedish-backed formal resolution condemning summary executions.[3]

[edit]

  

この声明に賛同した国は、以下の通り。イスラム国会議機構の加盟国とだいたい一致するが、完全に一致するわけではない。

Afghanistan, Algeria, Bahrain, Bangladesh, Benin, Brunei Darussalam, Cameroon, Chad, Comoros, Côte d'Ivoire, Democratic People's Republic of Korea, Djibouti, Egypt, Eritrea, Ethiopia, Fiji, Gambia, Guinea, Indonesia, Iran, Iraq, Jordan, Kazakhstan, Kenya, Kuwait, Lebanon, Libyan Arab Jamahiriya, Malawi, Malaysia, Maldives, Mali, Mauritania, Morocco, Niger, Nigeria, Oman, Pakistan, Qatar, Rwanda, Saint Lucia, Saudi Arabia, Senegal, Sierra Leone, Solomon Islands, Somalia, Sudan, Swaziland, Syrian Arab Republic, Tajikistan, Togo, Tunisia, Turkmenistan, Uganda, United Arab Emirates, United Republic of Tanzania, Yemen, and Zimbabwe

  

  

これを考えると、リビアの代表であり、アフリカ連合アラブ連盟での活動のキャリアを持つトレキ氏が、この声明を「容認できない」というのは、まったく、少しも、不思議ではない。

  

だが、国連総会議長としての立場でそう発言したのは、多くの人を落胆させた(議長としては、形式だけでも中立的・調停的な立場を取って欲しかったと、僕は思う)。

  

そして、ネパール国会議員スニル・パント氏が怒りを込めて言ったように、トレキ氏は今は声なき人のことを考えて語るべきであり、彼の発言が政敵少数者への暴力や憎悪を正当化しかねないことを分かって欲しい。

Sunil Babu Pant Strongly Denounces Ali Abdussalam Treki, New President of the United Nations’ Unacceptable Views on Homosexuality - Gays Without Borders

http://gayswithoutborders.wordpress.com/2009/10/03/sunil-babu-pant-strongly-denounces-ali-abdussalam-treki-new-president-of-the-united-nations-unacceptable-views-on-homosexuality/

  

多様なジェンダーセクシュアリティを生きることを「普遍的」な人間の権利として、同性愛トランスジェンダーに対する不当な迫害・差別を撤廃しようとする動きと、ジェンダーセクシュアリティにかかわる異性愛中心主義的な規範を伝統・秩序として維持しようとする動きの、国連における攻防は、とにかく、長い。

  

辛いことだが、今はなお道の途上であり、この道が途切れさせないことが、大切なのだと思う。

LilyKittyLilyKitty2010/08/03 00:02全く残念な結果で、憤りを覚えました。「モントリオール宣言」にもあるように国連はこれまでLGBTの権利を否定、無視し続けて来ました。イスラム諸国を中心とした反発が国連を支配してきたからです。性的指向や性自認に関して「障害のある人の権利条約」のような正式な条約が未だにないこともこれを反映しています。しかし「移住労働者の権利条約」のようにEUをはじめすべての先進国が反発している正式な国際人権法に拠る「国際条約」も存在するのです。大変残念なことにヨーロッパ諸国に於いても「ジョグジャカルタ原則」と相いれない人権蹂躙が現存している地域が多いのです。実際1970年代まで同性愛を「犯罪」としてきた国もあるのです。人権裁判所も同性結婚を求める訴訟を全て却下しています。しかしながら欧州評議会は「ジョグジャカルタ原則」の実現に向けた法整備を行おうとしています。これが人権条約の一部(議定書)となれば加盟国は勿論、国連にも影響を与えることでしょう。2010年7月17日に国連経済社会理事会はやっと「国際レズビアン・ゲイ協会」を反対や棄権も相次いだなか、「付加勧告」にある「決議」に従い受け入れました。意外に思われるかもしれませんが、イスラムの聖典「クルアーン」には(新、旧約聖書と違い)同性愛を罪悪と規定した個所はありません。シャリーアも法学者の恣意によって解釈、運用されています。イランも「我が国に同性愛者はいない。」などという事実に異なった不自然な発言をしています。もはや「イスラム教」によって「同性愛」そのものを犯罪化することは不可能になりつつあると思います。たとえ異性間であっても婚約以前の性交を「姦通罪」として聖典に照らして裁くことが可能であっても。同性愛に反対している国は「性的指向、性自認に関する声明」に「無神論」を建前とする北朝鮮が反対したことからも窺えるように、性の問題以外に深刻な人権問題を抱えており政治的理由から反発しているわけです。むしろ真に恐ろしいのは例の「声明」に賛成しながら差別禁止法も持たない国であると思います。

MarvChoisseMarvChoisse2017/05/08 18:41Cheapest Brand Name Levitra Photo Of Keflex <a href=http://byuvaigranonile.com>viagra</a> Best Buy Direct Bentyl Drugs Allergic Reaction For Keflex Leclerc Levitra Propecia Cheapest Onlinepharmacies Pac

orunigozuloorunigozulo2017/06/15 19:12http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

amoxiyjiabamoxiyjiab2017/06/15 19:29http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

oyadoyooyadoyo2017/06/15 19:29http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

igiqewuigiqewu2017/06/15 19:43http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

asezicaasezica2017/06/15 19:48http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

qixcameqixcame2017/06/15 19:59http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

uhikecuuhikecu2017/06/15 20:37http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/

edehodeaqruedehodeaqru2017/06/15 20:54http://100mg-viagracanada.com/ - 100mg-viagracanada.com.ankor <a href="http://sertralinezoloftonline.com/">sertralinezoloftonline.com.ankor</a> http://20mg-tadalafil-lowest-price.com/