Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-07-03

日本の女性同性愛表象・言説の近現代史にかかわる研究について、メモ

| 日本の女性同性愛表象・言説の近現代史にかかわる研究について、メモ - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本の女性同性愛表象・言説の近現代史にかかわる研究について、メモ - Ry0TAの日記

  

現在の日本社会の男性同性愛イメージがどのように成立してきたのか、多々知らないこと・疑問に思うことがあるのだが。

さらに知るところの少ない女性同性愛・レズビアニズム表象・言説について、どんな研究があるのか。

まだいろいろあると思うけれど、取りあえず知ったところからメモしていく。

  

1910-20年代 明治末期〜大正期 西洋性科学「同性愛」言説輸入の時代  

肥留間由紀子「近代日本における女性同性愛の「発見」」『解放社会学研究』17(2003)

  

赤枝香奈子氏の研究

http://queeringme.g.hatena.ne.jp/Ry0TA/20090629/p1

  

1930-40年代 昭和初期・第二次大戦

??

  

戦後-1960年代

杉浦郁子「一般雑誌における『レズビアン』の表象—戦後から1971年まで」『現代風俗学研究』11(2005), pp.1-12.

  

1970-80年代 ウーマン・リブ期から90年代ゲイ・ブーム期前まで

杉浦郁子「1970、80年代の一般雑誌における「レズビアン表象レズビアンフェミニスト言説の登場まで」

矢島正見(編著)『戦後日本女装・同性愛研究』中央大学出版部, 2006, pp.491-518.

参考

杉浦郁子「日本におけるレズビアンフェミニズムの活動--1970年代後半の黎明期における」『ジェンダー研究』11(2008), pp.143-170.

  

そのほか:研究者など

黄綿 史 さん

http://www.soc.hit-u.ac.jp/research/wakate/detail.cgi?ID=4

研究テーマ:近代日本における女性同性愛言説の誕生