Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-05-15

俺はそうだよ

| 俺はそうだよ - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 俺はそうだよ - Ry0TAの日記

吊り革につかまった僕の前に、中学生の男の子が2人座っていた。

もう夏の制服を着て、友人同士、ごにょごにょお喋りしながら、1人は音楽を聴き、1人はゲームをやっていたようだ。

僕は読書していて、さほど彼らに注意していたわけじゃない。

ゲームの方が、音楽の方になにかうるさくちょっかいを出して、とうとうイヤホンを叩き落とした。

音楽が腹立たしそうに言う。

  

「気持ちワリイな、ホモかよ、もう」

  

ああ、まだやっているのか。20年経っても、変わっていない。

小学校から中学校、高校、成長しながら「男の友情」のスタイルを身につけてゆくガキどもは、じゃれあい、馴れ合い、ふざけあいながら、どこで憶えたのか、絶えず、確認するように口にした。

「なんだおまえ、ホモかよ」「気持ち悪い、ホモじゃないの」「違うよ」

20年も経って、なにも変化していない。驚いたもんだ。

  

ホモじゃない、ホモじゃないと笑いあい、確認しあいながら、かれらは「男」になっていく。なにを確かめ合っていたのか、自分たちの中には「ホモ」はいない、それが自分たちの世界だということか。成人したあとも、そんなポーズの残滓は、かれらの中に残っている。

  

ホモじゃない」という言葉で、かれらは何を言いたかったんだろう。それで何が手に入ったんだろう。僕にはたぶんいつまでも分からない謎だ。「ホモじゃない」と確かめ合う親密なつきあいを横目で眺めながら、僕は黙って警戒することを学んだ1人だった。

  

  

うるせえよ、小僧どもが。

そうだよ、俺はホモだよ。目の前に立ってるオヤジがホモだってことぐらい気づけよ、頭悪いな。

  

なんだか可笑しくて、情けなかった。

  

  

いつか出会ってくれるんだろうか。目の前の世界の見かたを変えてくれるだろうか。

そんな希望を持っていいだろうか。たぶんかれらの近くにいる、20年後のもう1人のために。

FannyAnn Eddyさん

| FannyAnn Eddyさん - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - FannyAnn Eddyさん - Ry0TAの日記

FannyAnn Eddy - en.Wikipedia

http://en.wikipedia.org/wiki/FannyAnn_Eddy

  

シエラレオネレズビアン - iratsume

Janis Cherry さんによる紹介

http://selfishprotein.net/lesart/jap/index.htm

  

Fannyann Eddy (1974-2004)

http://www.joannestle.com/dedication/index.html

  

2004年に殺害されたときのニュース

International Gay and Lesbian Human Rights Commission (IGLHRC) Mourns the Murder of Fannyann Eddy; Calls on activists everywhere to respond - OCTOBER 4, 2004 - Common Dreams.Org

http://www.commondreams.org/news2004/1004-21.htm

  

Sierra Leone: Update - Alleged Fannyann Eddy Murderer Reportedly Escapes Police Detention in Sierra Leone - 07/15/2005 - IGLHRC

http://www.iglhrc.org/cgi-bin/iowa/article/takeaction/resourcecenter/374.html

  

Sierra Leone gay activist killed - BBC News

http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/3716768.stm

  

Murder of Sierra Leone's lesbian activist condemned - 5 October - afrol News

http://www.afrol.com/articles/14448

  

fannyann eddy's alleged murderer in court - June 17, 2005 - Behind the Mask

http://www.mask.org.za/article.php?cat=sierraleone&id=490

  

SHAILJA PATEL AWARDED THE FANNYANN EDDY POETRY AWARD - Sociolingo’s Africa

http://sociolingo.wordpress.com/2008/03/18/shailja-patel-awarded-the-fannyann-eddy-poetry-award/

Emergency Foundation (Canada), IDAHO 2009 Campaign, "Homosexuality Knows No Borders"

| Emergency Foundation (Canada), IDAHO 2009 Campaign, "Homosexuality Knows No Borders" - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Emergency Foundation (Canada), IDAHO 2009 Campaign, "Homosexuality Knows No Borders" - Ry0TAの日記

Emergency FoundationによるカナダのIDAHOキャンペーンの今年のテーマは

Homosexuality Knows No Borders

だ。

http://www.homophobiaday.org/default.aspx?scheme=3651

  

IDAHOには、身近なホモフォビアの問題に取り組む以上に、世界でいまなお同性愛を非合法・迫害対象にしている国・地域・社会があることに注意を喚起し、国際的な支援や連帯を呼びかけるという主旨があると思う。

Emergency Foundationは今年、その方向性をハッキリ打ち出しているようだ。

http://www.homophobiaday.org/utilisateur/images/homophobie/banners2009/homophobia_200_150.jpg

  

どんなかたちで関わることができるんだろう、といつも考える。

これは同性愛差別だけに限ったことではないが、激しい差別人権侵害が起こっている国・地域について、「酷い国もあるんだなあ」「やっぱり宗教は怖いね」という"無関心"に行くのではない、直接的には何もできなくとも、せめて少しでも知ることから始めて、考え続けることができるような、関わりかたについて(虫が良すぎるか)。 

  

1年に1日考えたところで、気休めにもならないが(むしろもっとひどいことに、自己満足で終わってしまうが)、「せめて1日でもいい、考えろ」というためにあるのだと思う、このような日は。

1年に1日、1人でも多くの人が、1つでも多くのことを知れば、もしかしたらどこかで、それが1人の人の命を救うことになるかもしれない。

偶然の1人のための、何万か何億か分の1に少しだけ関わるようなことを、5月17日には書き、考えられたらいいのだが…。

  

Campaign 2009

  

Theme: Homosexuality Knows No Borders

  

Goal: To make the general population and, more specifically, ethno-cultural communities of all backgrounds more aware of gay and lesbian issues, and sexual diversity.

  

Since its first edition in 2003, the International Day Against Homophobia has grown larger year by year. With this, May 17 has become the prime moment to remember that homophobia still exists and that we must combat it.

  

The proposed goal for the 2009 Campaign is to make the general population and, more specifically, ethno-cultural communities of all backgrounds more aware of gay and lesbian issues, and sexual diversity. Ethno-cultural communities occupy an increasingly significant place in our societies. What’s more, contributions by these communities are invaluable to our country.

  

Not all of the world’s citizens are able to enjoy the privilege of living in an egalitarian society. In several countries, rights, such as the right to love a person of the same sex and have sexual relations with that person, are limited or violated.

  

In other countries, sexual orientation is recognised, for the same reasons as practising a religion, as a basic freedom, and discrimination on the basis of sexual orientation is illegal.

  

People from countries in which homosexuality is legally banned may have some of their own values challenged: what was prohibited in their country is allowed and legally protected in their host country.

  

Keeping in mind how homosexuality is a universal fact and that borders cannot be forced on it, the 2009 Campaign is aimed towards helping these people to become integrated within their host society and to make ethno-cultural communities aware of sexual diversity issues. In addition, LGBT people and their communities will benefit from their own community’s improved openness toward their issues.