Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-05-14

5月16日モスクワ・スラヴィック・プライドのニュース

| 5月16日モスクワ・スラヴィック・プライドのニュース - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 5月16日モスクワ・スラヴィック・プライドのニュース - Ry0TAの日記

  

http://ukgaynews.org.uk/Moscow_Eurovision_Latest.htmから(抄訳)

※(5月18日記)更新は現地時間5月17日13:00で停止し、続報はUK Gay Newsのほうにまとまった記事が上がっています。

  

モスクワ現地時間Time and Date.com

http://www.timeanddate.com/worldclock/city.html?n=166

  

5月17日(日)

13:30

ロシアもそのメンバーであるCommittee of Ministers of the Council of Europeの議長国であるスロヴェニアは、モスクワで土曜日に行われたスラヴィック・ゲイ・プライドに対する暴行について懸念を表明していると、スロヴェニアのニュースSTAが伝えた。スロヴェニアは、ちょうど5年前に議長の座についた。

Slovenia, the country which is currently chairing the Committee of Ministers of the Council of Europe (which Russia is a member of), is expressing concern over the violent break up of the Slavic Gay Pride parade in Moscow on Saturday, the Slovenia news agency STA is reporting. Slovenia took over the chairmanship just five days ago.

  

12:10

昨日のスラヴィック・ゲイ・プライドで警察に拘留されたすべてのアクティヴィストたちが釈放された。

All activists detained by the police at yesterday's Slavic Gay Pride have been released.

11:00

全く驚くべきことだ。サンクトペテルスブルグからモスクワに駆けつけたアクティヴィストの弁護士Dmitri Bartnevは、警察署に拘留されている(アクティヴィストたちの)誰とも面会を拒否された。2時間待って、 Bartnev氏はわずかの間2,3人の依頼人に、かれらがそれぞれ2名の警官に連れられて警察署から連れ出され隣の裁判所に連れて行かれたとき、話しかけることができた。ニコライ・アレクセイエフは、法廷に連れてゆかれた人々の中にいた。裁判官が同時に法廷に入り、外に集まったアクティビストたちは誰も法廷に入ることを許されなかった。

Quite astonishing going-on. Dmitri Bartnev, the activists lawyer who flew to Moscow from St. Petersburg, was denied access to any of those detained in the police station. After a two-hour wait, Mr. Bartnev was able to briefly speak to a couple of his clients when they were brought out of the police station, each secourted by two policemen, and taken to the courthouse next door. Nikolai Alekseev was among those taken into court. The judge entered the building at the same time and forbade any of the activists who gathered outside to enter the courthouse.

  

09:40

まだ7名のアクティヴィストが拘留されている。弁護士たちは面会しようと試みている。

There are seven activists still in police custody. Lawyers are trying to bet access.

  

00:00

BBCTV放送のユーロビジョン・レポーターのグラハム・ノートンは、ライブ放送でモスクワゲイ・アクティヴィスト達の逮捕についてコメントした。

Openly gay Graham Norton, who hosts BBC Television's coverage of Eurovision Song Contest has commented on the arrests of gay activists in Moscow on the live telecast.

5月16日(土)

23:45

ベラルーシのアクティヴィストのリーダー、Sergey Androsenkoは、いま、すべてのベラルーシ人が拘置所から解放されたと確証した。Nikolai BaevとNikolai Alekseevは、まだ拘置所にいる6名の中にいる。かれらは月曜日まで拘留されるかもしれない。かれらは警察への不服従で罪に問われ、有罪判決を受ければ懲役15日に服役することになると言われている。

Leader of the Belarus activists Sergey Androsenko has now confirmed that all Belarussians have been released from police custody. Nikolai Baev and Nikolai Alekseev are among the six people known to still be in custody. The could be held until Monday as they have been told they are to be charged with disobeying police orders and face up to 15 days in jail if convicted.

  

23:45

ドイツ国会議員Volker Beckは、ロシア政府に平和的なゲイ・プライド集会を逮捕したことについての説明を求めるようドイツ外務省に求めると確約した。Beck氏はかつてモスクワゲイ・プライドの戦いに参加したことがあり、警察とも直接接した経験がある。彼はドイツの自宅でモスクワの事件を追っている。

German MP Volker Beck has confirmed that he as asked the German Ministry of Foreign Affairs to request an explanation from the Russian Government on the arrests at the peacefull Gay Pride rally. Mr. Beck is a veteran of Gay Prides in Moscow and has had fisrt-hand experience of the police. He is following events in Moscow from his home in Germany.

  

23:30: Reports in the Russian media that all those arrested at Slavic Gay Pride have now been released appear not to be true. Six are known to still be in police custody. It is not known the position of the Belarussians who were detained.

  

21:30

英国のThe Manchester Evening Newsからユーロビジョンの取材のためにモスクワにいるPeter Devine。今日の夕方、彼は批判コメントを書いた。

http://blogs.manchestereveningnews.co.uk/eurovision/2009/05/ordinary_muscovites_allow_poli.html

The Manchester Evening News (UK) has a reporter, Peter Devine, in Moscow covering Eurovision. This evening, he wrote a scathing commentary on "the disgraceful scenes on the streets of Moscow today, as the capital embraces a music contest, has no place in civilised society and the very people who need to be say it, stood by today and meekly allowed a harmless parade of gay people to be broken up by a military style government, that will see their almost collective silence as confirmation to trample on their very rights next week".

  

21:15

逮捕されたアクティヴィストたちは、警察への不服従の罪に問われると告げられている。もし有罪になれば15日の服役となる。

Activists arrested have been told by the police that they will be charged with disobedience to police. They face 15 days in jail if found guilty

  

20:45

ヨーロッパのレポーター、政治家に向けて、モスクワ市警に拘留されたベラルーシ人への支援を求めるアピールが発せられている。ベラルーシ大使館はかれらの救援を拒んでいる。かれらはロシアからの強制送還に直面していると言われる。ベラルーシ大使館官僚たちは、スラヴィック・ゲイ・プライドに参加した人たちを支援しないとはっきりさせている。

An appeal has gone out to Western reporters and politicians to help the Belarusians who have been detained by Moscow police. The Embassy is refusing to help them. They are said to be facing deportation from Russia. Officials at the Belarusian Embassy have confirmed that they are not giving assistance to those who took part in Slavic Gay Pride.

  

20:10

Raminskoye警察署は非常に混乱している。逮捕された1人のゲイ・アクティビストが法廷に送られ、無罪と判決された。彼はそれから警官によって後ろ手にして警察署に連れ戻され、独房に再び入れられた。ロシアベラルーシ拘留された人たちは、別々の独房に入れられている。靴ひも、ベルト、携帯電話は取り上げられている。警察署へ連行されて以後のニコライ・アレクセイエフについての情報はまだない。

A lot of confusion at the Raminskoye Police Station. One gay activist arrested was sent to court where he was judged to be innocent. He was then frogmarched by the police back to the station, and put back in the cells. Russian and Belarusian detainees have been put in separate cells. Their shoelaces, belts and mobile phone taken off them. There is still no information on Nikolai Alekseev after he was taken to the police station.

  

19:45

総員31名のロシアベラルーシLGBTアクティビストが、スラヴィック・ゲイ・プライドに参加した昼頃に逮捕され、まだ警察に捕らえられている。彼らは3時間以上も拘置所におり、警察はまだかれらに対する公式な処分を行っていない。警察は不法にアクティビストたちを拘留しているとの主張がなされている。

A total of 31 Russian and Belarusian LGBT activists, arrested at lunchtime when taking part in Slavic Gay Pride, are still being held by the police. The have been in custody for more than three hours and police have yet to officially charge them. There are claimes that the police are now acting illegally by detaining the activists.

  

19:00

実務的なジャーナリストには心がないと誰が言ったのだろう?食糧や水が逮捕されている人たちが拘留されているRaminskoye警察署に運ばれている。それをしているのは拘留を免れた他のアクティヴィストたちだけではない、ジャーナリストたちもだ。逮捕された人たちは、ビデオカメラを使って警察に尋問されている。

Who said that hard-nosed journalist don't have a heart? Food and water is being taken to the Raminskoye Police Station, when those arrested are being detained, by not only other activists who escaped detention, but also by journalists. Those arrested are being interviewed by the police usinig video cameras.

  

17.50

アメリカのアクティヴィスト、アンディ・タイヤーThayerが拘置所から釈放された。ロシア人のアクティヴィストはたった1人しか解放されていない。ー彼女は、警察に自分はジャーナリストだ、と言ったのだと語った。

American activist Andy Thayer has been released from police custody. Only one Russian acticvist has been released so far - she said she told the police she is a journalist.

  

17:15

Clouseau警視(?)Inspector Clouseauはモスクワ市警に関与していたのか?フランスのテレビ局は、ニコライ・アレクセイエフが機動隊に逮捕されたときの記録映像を持っている。機動隊は彼にパスポートを見せろと要求した。アレクセイエフは警察の身分証を見せろと返した。その警官は拒否した。それから、5人の警官が乱暴に彼に飛びかかり、彼の手足を捉えて逮捕した。アレクセイエフは旗を振っていなかったし、「他の行動」も取っていなかった。実は、彼はスーツを着て歩道を歩いていたーウェディング・ドレスを来た花嫁を連れて!かれらは若い新婚カップルたちが結婚式を終えてやってきた庭園を歩いていたのだ。彼の逮捕は、明らかに不当に思われる。フランスのテレビ局はアレクセイエフが警察のバンの中にいるときの音声記録も持っている。かれらはアレクセイエフにマイクを渡していたからだ…

Has Inspector Clouseau joined the Moscow Police? French TV has footage of the arrest of Nikolai Alekseev by the anti-riot police who ask him for his passport. Alekseev asks them in return to show him their police identity card. The police refuse. Then, five policemen brutally jumped on him arresting him and taking him by the legs and arms. Alekseev was not waiving flags or taking part in 'the other action'. In fact. he was walking on the pavement dressed in a suit - with a bride in a wedding dress! They were walking in this garden where young married couples come after the wedding ceremony. His arrest appear to be clearly illegal. French TV has an exclusive audio recording of Alekseev while he was in the police van - because they had given him a radio microphone ...

  

16:00

オーストリアのテレビ局ORFが、逮捕の記録映像をアップしている。

Austrian Television (ORF) post raw news footage of some of the arrests

http://news.orf.at/video/iptvpopup.html?2009-05-16__in_00_Ebu_moscow-gay-parade_.wmv

  

15:15

Andy Theyerはまだ警察に拘留されていると伝えられている。Peter Tatchellは、解放されたわずかなアクティヴィストの1人のようだ。彼はいまメディアとの「ラウンドをやっている」。ニコライ・アレクセイエフについては、なにもニュースがない。

Reports say that Andy Theyer is still in police custody. It appear that Peter Tatchell is one of the few activists released. He is currently 'doing the rounds' with the media. There is no news on Nikolai Alekseev

  

14:30

モスクワベラルーシ大使館は、警察に拘留されたベラルーシのアクティビストたちの救援を拒んだ。ピーター・タッチェルは無事釈放されている。彼は警察が暴力的な手段をとったと確証している。

Belarusian Embassy in Moscow has refused to give assistance to the Belarusian agay activists who were detained by police. Peter Tatchell is safe and has been released. He has confirmed the violent tactics ujsed by the police.

  

13:30

誰が逮捕されたかは混乱しているが、アメリカの同性愛人権活動家Andy Thayerが警察に交流されていることが確認されている。

Amid the confusion over who was arrested, it is confirmed that Andy Thayer, the American gay rights activist is in police custody.

  

13:20

今夜のユーロビジョン決勝の出演者たちに、スラヴィック・ゲイ・プライドでモスクワ市警が行使した暴力への抗議のために出演を止めてくれるよう求める呼びかけが行われた。

A call has gone out to performers at tonight's Eurovision Song Contest final not to go on stage in protest against the violence used by the Moscow police at Slavic Gay Pride.

  

13:00

スラヴィック・ゲイ・プライド実行委員会は、ユーロビジョンに責任を持つ欧州放送連盟European Brodcasting Unionに、プライド・パレードの平和的な参加者に対して警察が振るった暴力の記録を今日の夕方のユーロビジョン決勝のテレビ放送の間に放送してくれるよう呼びかけた。プライドのオーガナイザーたちは、今日の午後モスクワで見られた人権に対する暴力を、TVは棚上げにすることはできない、と語った。

The organising committee of the Slavic Gay Pride is calling on the European Brodcasting Union, who are responsible for the Eurovision Song Contest, to show footage of the violence used by the police against the peaceful participants of Pride during this evening's telecast of the Eurovision Final. Organisers say that television should not put to one side the human rights violations seen in Moscow this afternoon.

  

12:50

すべてのアクティヴィストがもう逮捕されている。全部で約40名だ。逮捕はメディアのインタビューに答えている間に行われた。ジャーナリストたちはまだその場にいた。すべてのアクティビストはインタビューに答えている間に逮捕された。ヨーロッパの外交官たちはこの状況を見ていた。

All activists have now been arrested - about 40 in all. Arrests were made while giving interviews to the media. Journalists are still at the scene. All activists have been arrested while giving interviews. Western diplomats are watching the situation.

  

12:40

ニコライ・アレクセイエフが、35人のジャーナリストの前で荒々しく逮捕された。

Nikolai Alekseev is brutally arrested in front of 35 journalists.

  

12:30

20人のLGBTが、モスクワ市立大学の方へ行進中、機動隊に逮捕された。かれらは旗を引き出し、大勢のジャーナリストがそのあとをついて行った。警察は突然かれらを逮捕した。ピーター・タッチェルは最初に逮捕された人々の中にいた。

20 LGBT arrested by anti-riot police while they were marching in the direction of the Moscow State University. They pulled out flags and crowd of jouirnalists followed them. Police to immeditaely arrested them. Peter Tatchell among the first to be arrested.

  

12:10

時は来た!スラヴィック・ゲイ・プライドを上演しようとする試みが、始まろうとしている。大勢のメディアと警察がすでに位置に着いている。フランスドイツフィンランド英国合衆国オランダ大使館の代表が位置に着いて、自国民を助けることができるよう、状況を監視している。

The time has come! The attempt to stage Slavic Gay Pride is about to begin. Crowd of media and police is already at the places. Representatives of French, German, Finnish, UK, US and Dutch embassies are at the spot monitoring the situation ,ready to grant assistance to their nationals.

  

12:00

ユーロビジョンでSir Terry Woganに替わってBBC放送の「フロントマン」を務めているオープンリー・ゲイのグラハム・ノートンGraham Nortonは、昨日ガーディアン紙に自分はスラヴ・プライドへの熱狂的興奮のことを知らなかったと語った。「とても悪いと思う。だが、自分はこれ[プライド]のことを何も知らない」彼はガーディアン紙に語った。英国エントリーの作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェーバーは、なぜパレードが弾圧されていたのか分からない、困惑させられているとガーディアン紙に語った。「安全に行わなうべきものだと思う。私は本当に知らないが」

Openly gay Graham Norton, who is the BBC'c 'front-man' for the Eurovision Song Contest, replacing Sir Terry Wogan, told the UK Guardian yesterday that he was unaware of the furore over Slavic Gay Pride. "I feel really bad but I don't know anything about this," he told the newspaper. The composer of the UK entry, Andrew Lloyd Webber, told the Guardian he was baffled, saying he had no idea why the march had been banned. "It must be something to do with security. I really don't know."

10:00

ユーロビジョンのフランス代表団の1人、Bruno Berberesは語った。「私たちは、ゲイ・プライドを支持します。そしてユーロビジョンは、世界中のゲイにとても愛されているコンテストです。私たちは、警官の正面に立ってデモを行います」

"We will be on the front of the march with our accreditation risking to be beaten," said Bruno Berberes of the French delegation to the Eurovision Song Contest. "We support the Gay Pride and the Eurovision is a competition which is well liked by gays around the world. We will demonstrate in front of the police."

  

01:00

モスクワのどこかにある「秘密の隠れ場所」から、スラヴ・プライド主催者のリーダー、ニコライ・アレクセイエフは宣言した。「みんな明日のことにすごく興奮している。今夜モスクワ市警から脅されたが、ますます通りに出て行こうという気になっている。(3回弾圧されて?)これが4回目の行動なのに、今年はロシアベラルーシの複数の地域から55人のアクティヴィストが参加しているなんて、ほんとうに信じられない。かれらはイベントのためにやってきて、木曜日からそのために活動している。どんなことよりも、明日歩くことを望んでいる人たちだ。4回目、我々はロシア人に、ゲイレズビアンが臆病者ではないと、自分の権利のために歩くことを恐れないということを見せようとしているんだ。ロシアメディアで数多くの報道がなされているのを見れば、このメッセージは届いたと思う!」

Speaking from his 'secret hideaway' somewhere in Moscow, the chief Slavic Gay Pride organiser, Nikolai Alekseev, declared: "Everyone is very excited about tomorrow and more than ever ready to go in the street despite the threats reported by the Moscow police tonight. It is just hard to believe that despite we are organizing the action for the 4th time, we have this year 55 activists from several regions of Russia and Belarus who checked in for the event and who since thursday are just working on it and who more than everything want to march tomorrow. For the forth time, we are just showing to Russian that gays and lesbians are not cowards and that they are not scared to march for their rights. And looking at the high number of reports in the Russian media, the message is delivered!"

5月15日(金)

23:00

夕方、フィンランドドイツオランダフランス合衆国英国大使館がすべて、スラヴ・プライドの主催者に、プライドをモニターし、平和的なデモに大して暴力や武力行使が行われないかチェックすると語っていたことが明らかにされた。

It emerged this evening that the Embassies of Finland, Germany, Netherlands, France, United States and United Kingdom have all told the Slavic Gay Pride organis that they will be monitoring the Pride to check any abuse or use of force against peacefull demonstrators.

  

23:00

ユーロビジョン・フランス代表は、「(フランス代表団は)明日のスラヴ・プライドにユーロビジョン公認で行進しようとしている」とほのめかした。

The Frencyh delegation to Eurovision has indicated that it will be "marching with their accreditation to Eurovision on display at tomorrow's Slavic Gay Pride.

  

22:00

スラヴ・プライドの主催者たちは「安全な場所」にいる。かれらの誰かが逮捕されたら、他の者がパレードを煽動する。主催者達は複数の電話番号を持ち、暗号を使っている。なにもかもがジェームズ・ボンドのスパイ映画から抜け出してきたようだ。警察はなんとしてもイベントを阻止しようとしていると知られている。だが、主催者達を「流れから押し出」そうとする努力は、なんともみじめに失敗している。昨年のモスクワ・プライドの予行練習のときだった。警察は裏を掻かれ、プライド行進は200mほどだったとはいえ、行われたのである。

Organisers of Slavic Gay Pride are in "secured locations". In case of arrest of one one of them, another one will take the lead. It's all like something out of a James Bond movie with each organiser having several telephone numbers and usikng codes. It is known that the police azre looking to prevent the event at any cost, bujt their efforts to put the organisers 'out of circulation' have so far miserably failed. There was a 'dress rehersal' at Moscow Pride last year when the cops were out-witted - and a gay pride march, albeit of some 200 meters, was staged.

  

22:00

ユーロビジョンは、コンテストの資金のほとんどを提供している4つの放送局のひとつBBCにとって抗視聴率をもたらしてくれる「胴元」だが、「おばちゃん(BBC)」は英国の視聴者にスラヴ・プライドに対して行われているイタズラについて一言ささやこうともしていない。BBCウェブサイトには昨日の夕方(プライドについての)記事が載っているのだが。

While the Eurovision Song Contest is a massive ratings 'banker' for the BBC, one of the four broadcasters who provide most of the competition's finance, 'Auntie' has hardly breathed a word to British audiences about the shennigans over Slavic Gay Pride, though there was an article on the BBC Website yesterday afternoon. It's not the case for BBC World Service listeners across the world, BBCWS Website has a three-and-a-half minute audio report available ...

  

21:00

ロシアグルジア事件で傷ついた国際的なイメージをユーロビジョンで高めることを望んでいたなら、たぶん権力者たちは見込み違いを犯している。世界のメディアは、モスクワ市長が明日の午後に予定されているスラヴ・プライドをどうやって(それまで3年間やってきたように)弾圧してきたかということに、注目しつつある。紙面を割り当てているのは世界の大衆メディアだけではない。主に経済問題を扱うBloombergのTV局とウェブサイトも、モスクワの土曜日の2つの「イベント」を結びつけている。今日の最初のレポートでは、ピーター・タッチェルのことの言葉が引用された。「ロシアがソング・コンテストを主催する準備をしているなんて奇妙なことだ。短い平和的なプライド・パレードも許可しないのに」。

If Russia was hopeing that Eurovision would enhance its international image after it became tarnished following the Georgia incident, then perhaps the powers that be have miscalculated. The world's media is making a considerable play on how the Mayor of Moscow has banned the Slavic Gay Pride parade (as he has done for the previous three years) scheduled for tomorrow afternoon. And it;s not just the world's popula media giving the coverage. Bloomberg, the mainly financial Television TV station and Website is also combining the two Saturday 'events' in Moscow. In a report earlier today, Peter Tatchell is quoted: “It’s bizarre that Russia is prepared to host a song contest, yet it won’t allow a brief and peaceful gay pride parade.

  

20:00

19歳のゲイ・アクティヴィストSergey Yeniは、自分だけが3日前にモスクワスラヴ・プライドに参加するためにベラルーシからやってくることを決めた、と語っている。そしてこの決意は実行された、と彼は言う。プライドは実現しないかもしれないと知りながら、「プライド参加者は殴られに行こうとしている」という事実には言及せずに。なぜと訊ねられて、10代の若者は語った「なぜなら、これは本当に私の戦いだから。私がプライド・パレードに行かなければ、誰が行く?私がここに来た理由は、友人たちを支えるため、そしてもちろん、同性愛者の権利を支えるためだ」。シカゴゲイ・アクティヴィストAndy Baevが伝えた。

Nineteen-year-old gay activist strong>Sergey Yeni has said that he only made the decision to travel from Belarus to attend Slavic Gay Pride in Moscow three days ago. And the deccision was made, he said, knowing that the Pride might not take place, not to mention the fact that "Pride participants are going to be beaten". The teenager said, when asked why: "Because this is my fight really. If I don't go to the pride parade, who will go there? My reasons to come was to support my friends and of course to support gay rights." Report by Chicago gay activist Andy Baev.

  

19:00

ユーロビジョンのデンマーク人歌手Niels Brinckは、明日の決勝戦の舞台で、このすべてのゲイ・プライドの試練について恐らくなにか言うだろうと語っている。コペンハーゲン日刊紙Berlingske Tidendeが伝えている。

The Danish singer in Eurovision Song Contest, Niels Brinck, has said that he will probably say something about the whole gay parade ordeal from the stage at tomorrow's final, the Copenhagen daily Berlingske Tidende reports.

  

16:00

スラヴ・プライドの主催者たちは、「秘密の場所」に隠れていると伝えられている。警察が彼らを追跡して逮捕しようとしているからだ。主催者達と一緒にいるピーター・タッチェルは、この状況を「シュールリアルだ」と表現した。

Slavic Pride organisers are reported to be in hiding at "secret location" as police try to track them down and make arrest.. With the organisers is Peter Tatchell who described the situation as "surreal"

  

13:00

日刊紙Moskovski Komsomolets (MK)紙によると、モスクワ市警は今日、モスクワ・プライドのリーダー、ニコライ・アレクセイエフの逮捕を計画しているという。

According to daily paper Moskovski Komsomolets (MK), moscow police is planing the arrest of the Moscow Pride leader Nikolai Alekseev today.

  

11:00

Peter Tatchellが昨夜モスクワに到着。入国を阻止されるかもしれないと報道されていたが、彼は入管で丁重に扱われた。そして昨夜のスラヴ・プライドの会議で、タッチェルにはプライド参加のための3回目のモスクワ訪問を評価し、賞が授与された。

Peter Tatchell arrived in Moscow last night. Despite reports that he might be banned from entering the country, he was treated courteously at immingration. And at last night's Slavic Pride conference, Tatchell was given an award to mark his third visit to Moscow to attend a Pride.

  

5月14日(木)

07:00

かの権威あるワシントン・ポスト社の『Foreign Policy』さえ、今週はモスクワに注目している。主要記事「モスクワゲイ・ライツ運動との対決を準備している」http://blog.foreignpolicy.com/posts/2009/05/13/moscow_prepares_for_gay_rights_showdownで、Joshua Keatingは次のように書いている。「もしロシアが世界で最もキッチュなソング・コンテストを…同性愛者のファンたちが宗教的に偏狭な暴漢たちに身の安全を脅かされることがないように主催できないのだとしたら、2014年のオリンピックはどんなことになるだろう?」

Even the august Washishington Post subsidiary Foreign Policy is keeping an eye on Moscow this week. Under the headline Moscow Prepares for Gay Rights Showdown, Joshua Keating writes: "If Russia can't even host the world's kitschiest song contest without ... gay fans fearing for their safety from bigoted thugs, what are the 2014 Olympics going to be like?"

5月13日(水)

22:00

土曜日のユーロビジョン決勝戦には t.A.T.u.がロシア軍アレクサンドロフ楽団(Alexandrov Ensemble of the Russian Armed Forces)と一緒に出演。t.A.T.u.の出演は、当局からのLGBTコミュニティに対する唯一の同意の身振りだ。

あるロシアゲイは語る。「EBU (European Broadcasting Union)は、モスクワ当局にプライドを許可するよう主張できるはずです。しかし、かれらは何もしない。オランダだけが公式にプライドを支持しています」。ユーロビジョンに多額の出資をしているフランスドイツスペイン英国の放送局は、なにも公式コメントを発表していない。

The internationally-known Russian girl pop duo t.A.T.u. will be appearing in Saturday's Eurovision final telecast, along with the Alexandrov Ensemble of the Russian Armed Forces. Often described a "scandalous" for the projection of a lesbian image, the girls made a brief, but poingniant apperarance in the banned Moscow Gay Pride in 2007. But the appearance of t.A.T.u is the only official Eurovision 'nod' to the LGBT community. "The EBU (European Broadcasting Union) would be able to insist that the Moscow authorities allow our Pride," one gay Russian commented. "But nothing - only the Netherlands have so far publicliy supported the Pride." The broadcasters from France, Germany, Spain and UK, who largely bankroll the Eurovision Song Contest (and have automatic entry into the final) have made no public comment so far.

  

21:00

シカゴに拠点を置くLGBTアクティヴィスト、Andy Theyerが土曜日のスラヴ・プライド参加のためにモスクワ入り。

Chicago-based LGBT activist Andy Theyer has arrived in Moscow ahead of Saturday's Slavic Pride.

15:30

オランダのオープンリー・ゲイユーロビジョン出場者、ゴードンは、木曜日のセミ・ファイナルではキラキラのコスチュームにロシアゲイムーブメントのピンバッチをつけて出場すると語っている。

また、もしファイナルに残れなければ、土曜日のゲイ・プライドに参加すると。

先週末、彼はもしToppersが決勝戦に進み、土曜の午後に予定されているプライドが弾圧されたら、出場をボイコットしてアムステルダムに帰ると発表していた。

The openly gay member of the Netherlands entry in the Eurovision Song Contest, Gordon, has said that he will be wearing a Russian gay movement pin on his glittery costume during Thursday’s semi-final live telecast performance of Shine by the vocal trio Toppers. . He also said he will join Saturday's Gay Pride 'March' if the group fails to make it to the final. At the weekend, he said that if Toppers make it to Saturday's final and the Gay Pride event planned for the afternoon is banned he would refuse to perform and take the flight back to Amsterdam in protest. The other two in the trio, Jeroen van der Boom and Rene Froge, said at the weekend they would make their decision tomorrow following the semi-final.

  

15:00

オランダは土曜日のユーロビジョン決勝戦をうまく「ブラックアウト(停電)」させることになるかもしれない。オランダ紙『AD』の報道によれば、公共放送NOSは、もし当局が力を使ってスラヴ・プライド弾圧を弾圧すれば、オランダの出場者を撤退させ、全競技の放送を止めることを決定している。

The Netherlands could well "black-out" the Eurovision Song Contest final on Saturday. A report in the Dutch newspaper AD says that public service broadcaster NOS has decided it will withdraw the Dutch entry and may take the whole competition off-air if the authorities use force to prevent the Slavic Gay Pride from taking place in Moscow.

  

11:00

ロシア作家連合(The Russian Writers Union)は、モスクワ市長のバルティック・プライド弾圧を支持していると、今朝インターファックスが報道。作家連合は集会を催すというその計画を「ロシアの敵対者による挑発」と呼び、もし実行すれば「精神障害のある人々を用いてモスクワに攻撃的なイメージを」与えることになる…」と語っている。

is backing the Mayor of Moscow's ban of Baltic Pride, Interfax reports this morning. The Union calls the plan to hold the rally a "provocation by Russia's adversaries" and say that if it goes ahead it will give an "offensive image of Moscow by using mentally impaired people..."

  

01:00

昨夜[1=2日夜]、メディアの関心はスラヴ・プライドについての論争からユーロビジョンへ。最初のセミ・ファイナルで、10カ国が16日の決勝戦に進むことに。第2回のセミ・ファイナルは木曜日、もう10カ国が決勝進出する予定。ホスト国のロシアと、フランスドイツスペイン英国の5カ国は自動的に結晶へ。詳細はオフィシャルサイト参照。

Last night, the attention turned from the controversy around the Slavic Pride, to the Eurovision Song Contest itself. It was the first semi-final - and ten countries emerged to go through to Saturday's final. Second semi-final is on Thursday when another 10 countries will go forward to the final, with 25 participating countries. Five countries, Russia (the host country), France, Germany, Spain and the United Kingdom, automatically qualify. Go to the OFFICIAL EUROVISION WEBSITE for details of the first semi-final - and videos.