Hatena::Groupqueeringme

Ry0TAの日記

2009-04-11

米聖公会のオープンリー・レズビアン/ゲイの聖職者と、Carter Heyward師(フェミニスト神学者、オープンリー・レズビアン聖職者)について

| 21:48 | 米聖公会のオープンリー・レズビアン/ゲイの聖職者と、Carter Heyward師(フェミニスト神学者、オープンリー・レズビアン聖職者)について - Ry0TAの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 米聖公会のオープンリー・レズビアン/ゲイの聖職者と、Carter Heyward師(フェミニスト神学者、オープンリー・レズビアン聖職者)について - Ry0TAの日記

  

米聖公会のニューヨーク市主教Paul Moore師は、1977年、同派のLGBT組織・Integrityの副会長でありレズビアンであることを公言していたEllen Barrett師を司祭に按手した。→参照

これが米聖公会の最初のカムアウトした同性愛者の聖職者按手であり、Barrett師の任命は、1980年代にカムアウトしたレズビアン・ゲイの聖職者の登場につながったという。

  

しかし、2003年のGene Robinson主教任命が「問題化」されるまで、同性愛者聖職者按手に対する聖公会の姿勢は、はっきりしていなかったらしい。

Anglicanism / Episcopal Church - glbtq

  

In 1996, a church trial was held of the Right Reverend Walter Righter for having ordained an openly gay man while Righter was an assistant bishop in the Diocese of New Jersey. The court dismissed the charges, finding that the Episcopal Church had no clear doctrine on this issue. The contentious issue came to a head with the consecration of Bishop Robinson in 2003, a move that exposed the deep rift in the denomination over glbtq issues.

  

glbtqは、カムアウトした上で按手された聖職者の事例を挙げていない。

が、現職としてカムアウトした2人の聖職者の事例を紹介している。

  

the Reverend Malcolm Boyd

1986年、著作『Gay Priest』の中で自分をゲイとして自認していったことを語る。

1996年から、ロサンジェルスのCathedral Centerに所属する作家・詩人。

  

the Reverend Carter Heyward

かの「The Philadelphia 11」の1人。

フェミニスト神学者。

1975年からthe faculty of the Episcopal Divinity School in Cambridge, Massachusettsに所属。

1979年、Barrett師を支持するために、レズビアンであることをカムアウト。

Carter Heyward - Feminist Theory Website

Feminist Theory Website - Center for Digital Discourse and Cultureの、Carter Heyward師のバイオグラフィと著作一覧。

Rev. Dr. Carter Heyward - LGBTRAN

LGBTRAN: Lesbian, Gay, Bisexual and Transgender Religious Archive Network収録のバイオグラフィー。

A Conversation with Carter Heyward, Pioneer Episcopal Priest - Birgit's Place

米聖公会女性聖職者任命25周年記念のときのインタビュー。女性聖職者のための活動や、カムアウトについて語っている。